金曜日, 2月 16, 2007

「木の命の移し変え」-西岡常一

昨年秋のこと、富士山麓へ家族で遊びに行きました。
晴天の中、紅葉に包まれた森の中を通り、高原で過ごしたので、
すっかり心身ともにリフレッシュ。

霊峰富士を間近に仰ぎ見、森林の発するフイトンチッドを
たくさん体に取り込み、温泉にゆったり浸かり、身体の細胞が
生き生きとして喜んでいました。

息子も大喜びで、元気に過ごしていました。
いつも愛読している絵本「どんぐり」にでてくる木である、
大好きなミズナラの樹木を実際に見ることができ、
とても うれしかったようです。

ミズナラは、紅葉時に明るい黄色から褐色になる例が
多いのですが なかには朱色や真紅になる場合もあり、
見事な美しさを見せて くれます。

私もミズナラは大好きな木の一つで、山深いところに入ったとき
たまに樹齢が1千年近くになる巨木に出会うと、思わず体を
すり寄せて語りかけてしまいます。

今年夏、アファンの森を管理されている松木さんに案内されて
行った新潟県の原生林に聳え立っていたミズナラも
本当に見事な 木でした。

ミズナラの材は堅く、やや紅色を帯びた淡褐色で磨くと
とても 美しい艶が出ます。
加工が容易なことから、大型テーブルなどの 家具や床板、
鏡板、樽などの材料に使われ、かつては船材として も重要な
地位を占め、英国海軍の木造艦船は同類のロイヤル・ オークが
使われ、結果、英国中の森の大半が失われたという話が
あるほどです。

日本には、古来から”木の文化”があり、先人の方達は
様々な 種類の木を性質毎に活かして身の回りで使ってきました。
とりわけ寺社仏閣における木造建築の技術はすばらしく
古の伝統 を受け継ぐすばらしい宮大工の方たちが現在も
少数ながらも 日本各地で活躍されています。

西岡常一さんは、最後の棟梁と呼ばれ、昭和初期法隆寺の
大修理に 携わって飛鳥建築の神髄を学び、
その工法を守りながら薬師寺西塔 の再建を果たした方です。

すでにお亡くなりになっている西岡さんの言葉は、
人類という種がなぜ人類になったのかを現代に生きる
私たちに深く考えさせてくれます。

「樹齢が2千年くらいの木が実際に山に生えているのを
見ますと、自然に頭が下がります。  
雲の中から木が降りてきているという感じです。  
思わず礼拝してしまいます。  

樹齢2千年の木の命を絶つということは、人間の我欲です。  
けれどもこれは、世界平和を招来するための伽藍を作るために  
切っているのです。  

そして伽藍としてまた2千年生きてもらう、  
いわば命の移し変えです。  

薬師寺の東塔は部材一つひとつ見ると、どれも寸法が違うんです。
木の太さも太いのがあり細いのがあります。  
それでいてちゃんと組み上がって1300年保っているのです。  
これは神業です。  

結局、自然を侵すまい侵すまいとし、自然のままを受け容れて  
いこうとする姿勢があったのです。  

木は生えてある山の場所によってみな性質が違うのです。  
薬師寺の東塔を見ても、南側の柱には大きな節があります。  
南の方にみな枝が出ます。  
ということは木が生えていたときの方位のままに使ってあるからです。  

例えば、右に捩じれる木、左に捩じれる木があります。  
それを組み合わすことによって木自身の力でもってじっとして
いるようにしてあります。  

もしも木の癖を組み損なってたら、建物自身の内部から破壊が
起こってくるでしょう。    

とかく、人間、人間って人間中心にものを考えてますが、  
木にしろ草にしろ自然の分身です。  
土を母にしています。  

ですから、樹齢2千年の木を切った場合には、
2千年以上持たせなければなりません。  

ということは、いま、この伐採した木の種が落ちて芽生えたとします。  
そうするとこれが1000年経たないと柱にならないのです。  

ですから人間が木を切るときには、その責任があります。」  

自分以外の世界を単なる物質的なものと考えないで、
同じ命として考える。  

それをいただくことが人間の営みなら、
この命を殺すというよりも、別の命として生かすという思いで
木を切るということ。

この智慧が示唆してくる人類という生きものの自覚と責任が、
現在の私たちにはより求められているのだと思います。


お越しいただき、ありがとうございます。共感したら、Click me! 

0 件のコメント:

フォロワー

amazon