火曜日, 7月 10, 2007

「文月に入りて花陰に涼感を感じる」-☆森のクマさん☆

先週土曜日のことです。

週末恒例の息子との探検。
ちょっと足を伸ばして茨城県立博物館へ。
息子はこの博物館がお気に入りで、特に宇宙船に乗って
金星や火星を探検するミニシュミレーターが大好きです。

でも今日は、館内には入らずに広い敷地を探検。
「どんぐりの森」、「昆虫の森」、「夢の広場」、、など
様々なコーナーがあって、
息子と一緒にたっぷり歩いて遊んで たくさん楽しめました。

カブトやクワガタなどの甲虫に関心を持ち始めた息子と一緒に、
今夏は今まで以上に森の中で遊べる時間が増えるかなと
楽しみにしています。

夏の日差しがこれからますます強くなる中で、
森の中に入ったときのひんやりと感じる涼しさは、
自然に感謝することの一つ。

太陽が生い茂った木の葉の間に隠れ、
わずかな風に揺れる木の葉越しに見える
太陽のきらめきは目に美しいもの。
木の下陰に休み、宇宙エネルギーをたっぷり受けて
遊びまわる息子を頼もしく愛しく見やりながら、
花陰に涼感を感じる幸せな一時です。



お越しいただき、ありがとうございます。共感したら、Click me! 

0 件のコメント:

フォロワー

amazon