日曜日, 9月 30, 2007

「私たちの生命を支える生物多様性を守ること」-☆森のクマさん☆

現在、 「第三次生物多様性国家戦略案」について、
環境省が意見募集を行っており、私も仕事柄、この戦略案に関心を持って
内容を見始めているところです。

残念ながら一般の方にはあまり知られていない
この「生物多様性国家戦略」は、92年にブラジル・リオで開催された
「地球サミット」にて作られた「生物多様性条約」に沿って
日本国は95年に策定しました。
(この条約は、世界の189ヶ国が参加。米国は不参加)

「生物多様性国家戦略」は、
私たちの子孫の代になっても、生物多様性の恵みを受け取ることが出来るように、
生物多様性の保全と持続可能な利用に関する基本方針と国のとるべき施策の
方向を定めています。
施策の実施状況について毎年点検を行うとともに、
概ね5年程度を目途に見直しを行うことが規定されており、
今回もこれに従って行われているもので、今回の意見募集は
10月14日までとなっています。
詳細はこちらに載っています。  
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=8794

「生物多様性条約」は、同じくリオ・サミットの後に定められた
「気候変動防止枠組み条約」との認知の差があまりにも大きいものです。

これは温暖化防止の場合、このまま温度が上がればどんな影響が出るかという
データが多く出るようになったことと自分達が防止のために何をできるのかと
いうことがわかりやすいということにあります。

一方で、生物多様性保全の場合は、同じく認知の低い「生態系」との関係や違いが
わかりにくく、構造や悪化した場合の影響があまりにも複雑で簡単につかみにくいことから、
残念ながら 馴染みの薄いものとなっています。

「生物多様性」、「生態系」という地球上の多様な生命が太古の歴史から
織り上げてきた壮大で緻密な仕組みと関係。

この仕組み、関係を多くの方に理解してもらい、自分達ができることを考えてもらい、
実際の行動をとってもらうように。

ささやかかもしれませんが、私なりにチャレンジしていきたいと思います。

まずは、地球の歴史と生命の誕生の時間の把握から。


********************

☆「地球時計」から見る生命を作り上げた地球の歴史☆

地球は、今から約46億年前にできたといわれています。
最初の生命が誕生したのは、約40億年前といわれ、海中に現れた生物は
4億年前になるまで陸に上がることはできませんでした。
宇宙から強力な紫外線が降り注いでおり、これを遮るオゾン層が作られるまで、
長い時間を要しました。

その長い間、海中の植物は、海中の二酸化炭素と太陽光線から酸素を作り始め、
その酸素が大気中に放出され、オゾン層を作っていたのです。
こうして生物は自身の力によって、上陸できる環境を整えました。

最初に陸に上がった植物は、湿地や草原、森林を作りました。
それを追うように動物も陸上へ進出、
両生類、爬虫類へと進化し、やがて恐竜が現れました。
恐竜が地球の支配者となった後、ネズミくらいの大きさの哺乳類も現れました。

約6500年前、ある説によれば隕石の衝突によって大気中に舞い上がった
塵が太陽光を遮り、地球の気温が下がり、恐竜など多くの生物が環境の変化に
ついていけず絶滅しました。
哺乳類の一部は生き延びました。

その後、進化して様々な種類に分かれ、猿人と呼ばれる人類の祖先が
500万年前から400万年前に登場し、こうして私たちにつながっています。

******************
この長い地球の歴史を「地球時計」に置き換えてみます。
これは46億年を1年に圧縮するものです。  

1月 1日00時00分 地球の誕生  
1月 8日     海洋の誕生  
2月15日     海中に最初の生命誕生
11月30日     生命が陸上に進出
12月15日     恐竜の誕生
12月31日16時00分 猿人の誕生       
23時58分 新人(私たち人類の最初の祖先)誕生    
        

*******************

地球の歴史において新参者の人類。
一方で、私たちは多くの生物を絶滅させています。

人類が知っている生物は200万種程度でしかありませんが、
地球上には私たちが知らない生物を含めると5000万種から1億種が
生息していると推定されています。

しかし、現在、地球上では15分に1種の生物が絶滅しているといわれています。
1年間の換算では、3万5千種の絶滅。

地球が育んできた生命の輪を、一番後から誕生した
私たち人類が絶滅させていくという現実。

地球の持つ生態系という生命システムを破壊していくことは、
私たち自身の未来を閉じるということです。

人類は決して自分達一種だけでは生きていけない。
他の多くの生物たちに支えられて、生きています。

そのことに多くの方が気づき、「生物多様性」の大事さを
自分の生命、他者の生命、未来に生まれてくる子孫たちの生命の
大事さとつなげて考え、これを守る行動が広がることを願っています。


お越しいただき、ありがとうございます。共感したら、Click me! 

0 件のコメント:

フォロワー

amazon