水曜日, 10月 10, 2007

「清明なる秋野にて息子と共に生命の多様さを感じる」-☆森のクマさん☆

10月に入り、朝晩に秋涼たる気を感じるようになりました。

先日の連休は、息子と共に秋の自然を見に、自転車に乗って
あちら此方へと出かけ、
様々な自然の姿を感じることができました。

田圃の側を走り、刈り取りが終わった田に
稲穂が干された姿を見る一方で、
これから収穫を行う田には案山子の姿と
群れて訪れる稲雀の姿を
見ることができました。

秋の自然は、身近な場所においても、
実に静かで奥深い様を見せてくれます。

今日遊びに訪れた農業公園は、
この時期コスモスの花が一面に広がる畑が
多くの人を楽しませていました。

一方で道端に目を向けると、
多くの人が見向きもせず気がつかない中に、
ひっそりと小さな花を咲かせる、
アキチョウジ、アキノタムラソウ、ノコンギク、イヌタデ、
ムラサキシキブ、ノハラアザミ、アキノエノコログサ、
などの姿を見ることができました。

花より虫に関心のある息子は、
夏から使っているお気に入りの携帯虫籠をたすき掛けにして、
草原の中を意気揚々と秋の虫を探しています。

すると、秋に生を謳歌する様々な虫たちの姿が。
スズムシ、ハヤシノウマオイ、マツムシ、エンマコオロギ、
キリギリスといった夜長にきれいな音を奏でている虫たち。

他にもトノサマバッタ、ショウリョウバッタ、オンブバッタ、
オオカマキリ、アキアカネ、ノシメトンボ、シオカラトンボ、など。

秋の野は、春の華やかな装いとは趣の異なる、
静かに色や形を主張する草花や虫たちの姿を見せてくれます。

息子が携帯していた虫籠の中には、手にとって記念写真を撮ると
すぐに放してあげた虫たちに代わって、ドングリ類や木の実の
お土産が入っています。

息子は、布団に入り寝るまでの間、今日会った虫たちの名前を
繰り返し復唱していました。
夏の虫たちとは異なる姿形に、多様性の魅力を感じたことでしょう。

この2日間、身近に在るちょっとした自然の中に息子と入り、
薄暮になるまで秋の野に生命の多様性の素晴らしさを楽しみました。


お越しいただき、ありがとうございます。共感したら、Click me! 

0 件のコメント:

フォロワー

amazon