月曜日, 12月 17, 2007

「貧困の光景」-曽野綾子

先日は、ガーナの歴史について少し紹介しました。

今年独立50周年を迎えたガーナは、ここ数年の官から民への機能移管が
進んだ結果、経済成長し、教育に力が入るようになって、国全体に
活気が生まれてきていました。

翻って日本を見ると、社会の先行きに一抹の不安や不透明さを
感じてしまうのですが、
それは子供たちの学力低下、これに連動する心の教育の喪失から
くるものです。

一時的な知識詰め込みの教育の限界が、社会の諸々に現れてきており、
左脳偏りによる想像性が欠如したビジョンなき国の行く末が危惧されます。


曽野綾子さんはかつて次のようなことを言われたことがあるそうです。
 「アフリカには、生まれてこの方、
  平和というものをまだ一度も見たことがない人がいるんです。
  だから平和というものを想像することもできない。
  人間、見たこともないものは望むことはできないんです。
  そうじゃありませんか、ミセス曽野」
  (「貧困の光景」新潮社 より)


平和に恵まれ、物質文明の恩恵を大きく享受してきた日本人の
平和の有り難さとこれを支えているものに対する想像力の欠如。
これとは別の極にあるアフリカの戦乱に生きる人々が持てない
平和の想像。

世界の多くの国・場所で貧困という現実を様々に見てこられた
曽野さんの言葉を借りて、その実情を紹介します。

”食べるものがない、という人々の現実に関して、
 我々はほとんど無知だといってよい。
 初めに私は、貧困の定義を示しておこう。
 「貧困とは、その日、食べるものがない状態」を言う。

 貧困から来る飢餓には、解決のめどが立っていない。
 もともとその人が蓄財もなく特殊技能もなく、
 社会全体がまたどこを見廻しても金も物もないのだから、
 明日まで待てばどこかから食糧の差し入れがあるか、
 生活保護を受けられるようになるかもしれない、
 という期待もない。
 村全体も親戚も皆、ようやっと生きている、というような
 社会である。

 空腹と飢餓とは全く違う。
 空腹は一時的な状況をさすが、飢餓は社会的、経済的、かつ
 継続的状況だ。
 とにかく地域全体に食べ物がない。
 昨日もなかったし、明日も多分ないだろう。
 飢餓は地域全体の瀕死の病状である。
 中央政府も地方自治体も何らこうした飢餓を救済する方法を
 持たない。
 金も物も組織力も、何も持っていない自治体と役人たちなのだ。

 こうした飢餓を救うには、3つの方法しかない。
 空きっ腹をかかえて水でも飲んで寝るか、
 乞食をするか、盗むか、である。

 世界の多くの土地で、乞食は生業である。
 そのような現実も知らず、日本の新聞や出版社は、
 乞食という言葉は差別語だから使うな、と注意してくるところが
 ほとんどである。

 もし今皆が好きな「人道」とか「人権」を考えるなら、
 第一にやるべきことは、それらの現実がある、ということを
 認めることだ。
 だからこういう差別語にこだわる人々は、人道にも人権にも
 そっぽを向いた人たちである。

 
 飢餓地帯でなくとも、アフリカのパーティーでは、人々は
 黙々と食べる。
 会話をしながら食べるということはなく真剣に食べる。
 だから会場のご馳走はあっという間になくなる。
 肉の切り身ならそのまま、男達がポケットに入れて帰るからだ。
 家族思いなのである。
 服が汚れるだろうとか、食べ物にゴミがつくだろうという危惧は
 全く抱かない。

 救いというか、哀れというか、飢餓の子供は、あまり空腹を
 訴えない。
 これは私の予想外のことであった。
 日本のNGOが、彼らに粥状の食べ物を与える場面にもよく
 出会った。
 すると彼らは皿やコップを持ったまま、じっと見つめていたり、
 私たちを眺めたりする。
 つまりあまり食べたくないのに、食べ物を与えられたというふうに
 見えるのだ。

 エチオピアで聞いたもっとも心に残る話は、
 日本人の看護婦さんがマッチ棒のように四肢のやせた子に
 「もうちょっと待ってね。もうすぐ食べ物をあげますからね」
 と言うと、その子は、
 「食べ物はいりませんから、毛布をください」と
 答えたと言う話である。
 臨終が近いのであろう。
 消化の能力ももうとっくに退化して、ただ生命の残り火が
 あまりにも弱くしか燃えないのが辛かったとしか思えない。


 アフリカは暑い所だという先入観が日本人にはある。
 しかし温度を決める要素には土地の高度も大きく影響している。
 
 エチオピアの飢餓の年に私が現地で見たものは、
 飢餓だけでなく寒さに苦しんでいる土地の人たちだった。
 とにかく着るものがないのである。
 
 ある日、ボロボロの服を着た難民の少女が寒がっており、
 日本から送られてきた服をあげることになった。
 少女は10歳か12歳か、栄養状態が悪いし、互いに通じる言葉が
 ないから、聞く方法がない。

 巨大な木箱の中にある服の中から、少女の身体に合いそうなものを
 探した。
 私はその中を見て驚いた。
 そこには山のように服が詰め込まれていたが、貧しい少女にとって
 着心地のいいような実質的な服(Tシャツとか木綿のブラウス、
 ジーパン、ウールのカーディガンとか)はほんの僅かしかなかった。

 ほとんどは、女性用のスーツや子供のパーティドレスなどが
 信じられないほど多かった。
 
 日本人は難民救済に、自分の要らないものを捨てる代わりに
 送り出したのだ。
 自分の家でも始末に困るようなものを救援物資にすれば、
 厄介払いができる上に、何か人道的なことをしたような気分に
 なれる。

 エチオピアは物資に貧しく、日本は精神に貧しかった。
 せいぜい好意的に見ても、エチオピアの政治家は自国民を
 まともに食べさせるという基本的な能力において貧しく、
 日本人は貧困とはいかなるものかという客観的知識において
 貧しかった。
 どちらも貧しいことにかけてはいい勝負であった。

 貧しい暮らし、とは、つまり自然に抗することのない暮らしのこと
 である。
 雨が降れば洪水になり、日照りが続けば人々は日射病で死に、
 稲も野菜も枯死する。
 それは無策な社会構造だ。

 進歩した社会は、自然に抗して自然を制御するか、
 少なくとも調和するように自分と自然を欺く。

 しかし今日の日本の自然信奉者たちは、全くの手つかずの自然が
 いいと言う。
 しかしそう主張する人々は、最近の洪水や地震の頻発に遭うと
 なぜか沈黙してしまう。

 そういう人たちに私は言いたい。
 エチオピアの手つかずの自然は、人々を飢え死にさせるほど
 すばらしかったんですよ、
 というのがその言葉だ。"



この本の帯書きには、以下のような言葉が書かれています。

「ほんとうの「貧しさ」を知らない
 日本人の
 精神の「貧しさ」を問う」


実に本質を鋭く突いている言葉です。


お越しいただき、ありがとうございます。共感したら、Click me! 

0 件のコメント:

フォロワー

amazon