木曜日, 1月 31, 2008

「つつましい方丈に無限の宇宙を見る生き方」-☆森のクマさん☆

前回の日記では、地球環境問題が大きく顕在してきている中で

「私たち日本人や先進国に住む人々が、サステナブルの意識を持ち
 自分のできることを行動し、地球上の他の生命とのつながりに
 感謝して生きていくことが求められている」


ことを書きましたが、先日ある新聞記事を読んで深く心が
揺り動かされました。
皆さんに共有したく以下にご紹介します。

”昨年末、東南アジアから南アジアと、いくつかの国々を訪れた。
 地球温暖化の影響が懸念される地域と、
 インド洋大津波(2004年12月)から3年を迎えた被災地の取材が
 目的であった。

 インドネシア・アチェ州西岸のラムプーク村は、大津波で
 モスク以外が水没してしまった村だった。

 この村は、米国の支援を受けた後、
 トルコの住宅企業が約700戸の被災者住宅を建設するなど
 他国の支援を受け続けてきている。

 村に住むナスミンさんに聞いてみたところ、
 彼はこう嘆いた。
 「住民たちの心はすっかり変わってしまった。
  村の仕事も以前なら共同作業で助け合ったのに。
  今ではお金にならないと動こうとしない。」

 自然災害とそれに伴う援助によって村のありようが左右される。
 守ってきた風習や文化が変質してしまうこともある、
 と思った。


 ヒマラヤ山脈の王国、ブータンは国土の70%以上が森林に
 覆われた秘境である。

 だが、地球温暖化で北部の氷河が解けて氷河期の水量が急増し、
 深刻な事態が懸念されている。

 同国の南北標高差は実に7千mあり、
 ひとたび氷河湖が決壊すると、
 森林をなぎ倒しながら一気に土石流が流れ落ちることになるのだ。

 ブータンは森林伐採を厳禁するなど環境保護を国是としている。
 主要産業の水力発電を維持するためにも不可欠な政策なのだが、
 何よりも国民が自然を守るという意識を共有していた。

 中部のポブジカ村には、毎年越冬のために飛んでくる
 ツルを保護する理由から、電線を引くことをあきらめた
 住民たちがいた。
 ツルは民話や民謡に登場する大切な生き物である。

 「あなたたちは温暖化の問題を少し科学的にとらえすぎてはいませんか」
 
 国営ブータン放送のツェワン・デンドゥプさんは
 こう疑問を投げかける。

 「私たちにとってそれは精神世界の危機なのです。
  ブータンの文学や音楽は山から生まれました。
  森林破壊とは、私たちの魂が崩壊することだと思っています」

 日本の温暖化論議に欠けているもの、
 それは日本も被害者であるという当たり前の視点ではないだろうか。

 温室効果ガスを削減しなければならないのは、
 他国のためばかりではなく、日本のありようにも
 影響する問題だからなのだ。

 温暖化で失われるかもしれない、日本の守るべきものとは何か。 
 足下から見つめ直す必要がある。”(1/13産経)


森林破壊とは、私たちの魂が崩壊すること。
というブータンの男性の言葉は強く印象に残ります。


”ヒマラヤの麓にブータン王国という小国がある。
 昭和天皇の大葬の礼で喪に服してくれた親日国だ。
 
 いま、この国は国民総幸福量(GNH)という独自の国家戦略で
 国際社会の熱い関心を集めている。

 人口も資源も限られた小国が物質的指標にのみ依拠していれば、
 容易に負け組に転落する。
 ヒマラヤという最高の自然遺産もグローバル化で観光の大波が
 押し寄せれば、たちまち荒廃してしまう。

 国民総生産(GNP)より国民総幸福量(GNH)。
 小国は小国らしく。

 それは、やむにやまれぬブータン流「覚悟の国家戦略」とも
 言えるのだが、
 経済的に豊かでも幸せを実感できない勝ち組先進国から
 ブータンの政策立案者に講演依頼などが相次ぐ状況は、
 極めて示唆的である。
  
 日本も今こそ「覚悟の国家戦略」が必要だ。”(1/1産経)


そして、1月1日元旦のこの記事には、こうあります。

「温故知新という。
 つつましい方丈に無限の宇宙を見るような
 日本古来の節度ある生き方を、
 いまこそよみがえらせ、
 その知恵と哲学を世界に伝えたい。」


お越しいただき、ありがとうございます。共感したら、Click me! 

0 件のコメント:

フォロワー

amazon