土曜日, 2月 23, 2008

「如月の夜に月を見上げて」-城山三郎

一週間前のことです。
その日は午後から仕事、夜は所用で出かけており、
帰宅したのは夜10時前でした。

駅からの帰路、人気のない道を歩きながら
ふと見上げると冬の夜空に月が浮かんでいます。

少し前に、上弦の月だったなあと思いながら、
何か今日一日の心の平安を有り難く思えるような気持ち
にさせてくれるひとときの時間。


昨年亡くなられた城山三郎氏のエッセイの中に
「月見て歩け」という文があったことを思い出しました。

”所用のため、大阪へ日帰りした。
 早朝、家を出て駅に向かうと、ほの白く透き通った月が、
 歩いていく先の西空にかかっていた。

 帰りは、逆に、東の空に、血の色を帯びた月が待っていた。
 満月がやや欠けたばかりのまるい月である。

 早朝の月も、夜の月も、それぞれ美しく、
 それぞれ何か語りかけてくる。

 わたしは月を仰ぎ、月から目を離さず歩いた。
 いい気分であった。
 いろいろ考えねばならぬことや迷っていることもあるのだが、
 すべてが消えてしまって、生まれたばかりの心に
 戻る気がする。

 月を見ているだけで、いつかはいい知恵や新しい元気が
 沸いてきそうな気がするのだ。


 地上の花々が終わる季節になると、代わって月や空が
 きれいになる。
 空がかすむ季節になると、地上の花々が咲き競うようになる。
 この世は、うまい具合に満ちている。

 それにしても花を賞でるほど、わたしたちは空を見ることが
 ないのではないか。
 空や雲のたたずまいをじっくり仰ぎ見ることが少なすぎるのでは
 ないか。
 

 空を見上げることは、浮き世の思いをしばし忘れることである。
 もともと忘れるというのは、「人間の自己防衛の機能」なのに、
 現代人は「忘れることを忘れたのではないか」。

 ついでにいえば、空には仕切りがない。
 心の中にも仕切りのないのがいい。

 年中行事といえば、いまは盆踊りのような騒々しいものだけが
 幅をきかせている。
 多くの人々は、いよいよ画一化され、
 みんなといっしょでなければ生きられなくなっていく。

 それに反し、月見はひとりで静かに宇宙に向かい合う。
 弱々しい大衆の心とはちがった何かがそこには
 生まれてくるはずである。”


数々の名作を送り出された氏の言葉には、こうもあります。

”悠久の大自然の営みを前に人生など、
 波しぶきのひとしずくにも過ぎまい。

 そのひとしずくではあっても、
 いや、ひとしずくであるがゆえに、
 ひとは、
 短いおのが人生をわがものとして
 大切に過ごすほかはない。
              (わたしの情報日記より)”


月に励まされ、昨日より、今日より、明日を思う気持ちに
させてくれる珠玉の言葉です。


お越しいただき、ありがとうございます。共感したら、Click me! 

水曜日, 2月 20, 2008

「誰かのために自分を献げて生きてごらん」-山田無文

産経新聞の連載記事「溶けゆく日本人」。

この連載記事は、様々なテーマにより
現在の日本社会と日本人の姿を多方面から描いていて、
とても参考になります。

今週書かれたのは、「蔓延するミーイズム」。

モラルを破壊する自己中心主義の”肖像”を描いたもので、
 ①キレル大人たち-増え続ける”暴走”
 ②”自子中心”の保護者-不安が生み続ける連鎖
 ③衝突避ける家庭-癒すのは自分だけ
 ④すぐ辞める若者-入社→ギャップ→怒り
の題で、社会の様々な層の意識と行動が映し出されていました。

 ①豊富な社会経験を積み、分別を備えているとされる大人、
  とりわけ高齢者が、ときに自分勝手にも思える言動を繰り返し、
  怒りを抑えられず”暴走”するケースが増えている。

 ②言ったもの勝ち、やったもの勝ちの風潮がはびこる現代社会。
  保護者の教育現場への「いちゃもん」(無理難題要求)が増え、
  その根幹には、自分の子供のことしか考えず、ほかのことは
  どうでもいいという”自子中心主義”がある。

 ③今の社会は「誰かや何かの犠牲になるのはいけないこと」という
  共通認識がある。その上、無理や我慢をしてストレスをためるのは
  「体に悪い」。家族の間でも、いや家族だからこそ、面倒な衝突や
  努力を避け、互いに負荷をかけない努力をするという暗黙の了解が
  成り立っている。

 ④「自分が主役」。そんな考え方から抜け切れず、社会に出て戸惑う
  若者が増えている。就職をして、現実と理想のギャップを克服できず、
  自分の情報不足と社会常識がないことを棚に上げて、「話が違う」
  「騙された」と怒り、すぐ辞めてしまう。


そんな社会の閉塞感、個人の心理状況が日本全体に蔓延って、
日々のアンビリバボーな事件・事故につながっているのかもしれません。

仕事場においては、メールなどで即座に回答を求められる機会が増え、
仕事の評価も成果主義に変わる。ストレスが蓄積しやすくなる一方で、
会社には余裕がなくなり、発散する機会が減り、職場などでため込んだ
ストレスを公共空間で爆発させる。

偽装問題の続発、サービスを受ける消費者意識の高まり。

良識を逸脱した言動や行動に対して、トラブルを避けるために
過剰防衛したり、見過ごすことで社会全体がおかしくなってくる。
勝手な行動を抑止する役目を果たしてきた地域コミュニティは崩壊寸前。
歯止めがなくなり、エゴが露出しやくなってきている。

世間は安易な”癒し”にあふれ、軽いノリでのスピリチュアルブームが
広がり、流行歌ではナンバーワンよりオンリーワンをたたえ、
そのままの自分を大切にすることがよしとされている。

「がまんするのはよくない」「楽しめるときに楽しもう」と言って
もらえることで気が楽になるが、それは容易に
「好きなこどだけする」「いやなこと、面倒なことはしない」に
転換されていく。

おかしくなった社会全体のツケは、子供たちにたまる。
子供もはけ口が必要になり、陰湿ないじめなどにつながっていく。
社会にじわりと広がる悪しき連鎖。

 

このような記事を読みながら、私がふと思い出した話があります。
秋月龍珉さんの本で書かれていたお話。

”私の本師(得度の師)は、山田無文老師である。
 あるとき老師は駅で電車を待っていた。

 一人の青年が来て、
 「僕は何をしたらいいんですか」と問うた。

 老師は、「僕の好きなことをしたら、ええじゃないか」と
 言われた。

 すると、青年は「その僕が分からないから、東京から来たんです。
 僕とは何ですか」という。

 老師は言われた。
 「昔から、”汝みずからを知れ”と言われるが、
  一番身近にありながら、一番分かりにくいものだ。
  時間がないから結論だけ言おう。
  
  君は今から誰かのために自分を献げて生きてごらん。
  自分のことを勘定に入れずに、他人のために尽くして、
  そして自分が”よかったなあ、幸せだなあ”と
  思えるような自分が分かったら、
  それが本当の”僕”だと私は思う」。”


無文老師の言葉には、こうもあります。

”自我は尊重されねばならぬであろう。
 が、尊厳ではない。

 個性も尊重しなければならぬ。
 が、真理ではあるまい。

 徹底して、自我と個性を否定し尽くしたとき、
 そこに偉大なる普遍的人間が自覚される。”


人間と人生の本質に対する深い洞察と英知が込められた
無文老師の言葉から、不安と迷い多き現代を生きるための
知恵と勇気を与えられます。
 


お越しいただき、ありがとうございます。共感したら、Click me! 

土曜日, 2月 16, 2008

「風花の中にいのちの全体性を感じる」-玄侑宋久

先日の休みの日のことです。

冬の朝、カーテンを開けると、窓硝子越しに
雪が舞っている姿が見えます。

一面の白い世界です。
あ々、今日は休みの日でよかった。という少し安堵の気持ちで
このいきなりの昨日とは異なる外の景色を見ました。

まだ今は寝ている息子が、これから暖かな布団から起き出して、
この白景色を見たらきっと驚き、そして喜ぶことでしょう。

「霜やけの手を吹いてやる雪まろげ」

子供にとっての雪は、天の与えてくれた一時の遊びもの。
私も子供のとき、雪が降ると意気揚々と外に出ては、
雪をころころと転がして、だんだんと大きな塊にすることを
楽しんだものです。

無心にただ雪に触れ遊ぶ。
雪をただひたすらに転がす。
塊をただただ大きくする。


そんなことを思い、雪が深深と降る様を見ながら、
数週間前に読んだ「般若心経」(玄侑宋久著)に書かれていたことを
想い出しました。

「般若波羅蜜多」という普遍的真理であり、
全体が一つの「陀羅尼」である。

この「陀羅尼」とは「総持」の意であり、
これは普遍的な真理を理解し、記憶し、それを保つ能力を
「総て持つ(すべてたもつ)」ことが大事。

すなわち、「総持」とは「全体」を持つこと。
理解し、記憶し、そして保つこと。

こう単純に書くと、できそうに見えるのですが、普通の人間
とりわけ大人にはこれを同時に行うことはそう簡単ではありません。

玄侑氏が言うには、
 理解から記憶に進む際に、
 断片的な知識を記憶するのは「私」であり、
 全体をまるまる記憶するのは「私」ではないそう。

 いったん記憶された音の連なりは、一切の思考を伴わずに出てくる。
 あらゆる思考はその表出を邪魔する働きしかない。

 全体がまるごと記憶され、それは再生される度に「識」を
 浄化していくのではないか。

 再生しながらその力を保つことで、
 「識」そのものも「空じられる」と考えてもいい。

 断片化された世界を安易に「全体」と勘違いし、
 知的に明確に知ることでやすらぎでなく「単なる満足」に
 陥いる危険性を持つ「私」。

 そして長年、世界の中心であるかのような意識をもちつづけた
 「私」の殻は、相当に強固である。

 こうして「人間の知恵の限界を知る」ということが大切なこと。

 「花」も「私」も自立的でも恒久的でもなく、
 隔てなく融合しながら同じ「いのち」の「縁起」のなかにあることを
 感じ取る。

 これが、「全体」との本当の関係性のなかで、自分が再生していく道。


ところで、先月5歳になった息子は、数週間で「般若心経」を
暗唱できるようになりました。

子供の持つ本来制限のなき能力の広さをあらためて知るとともに
無意識に社会に適合しようとして、その能力に枠をはめ込もうとする
大人社会を自省させられます。


弘法大師は、「般若心経秘鍵」の中で
「それ仏法遙かにあらず、
 心中にして即ち近し、真如外にあらず」

と説かれています。

「本来の自分、ありのままの自分」を大事にして、
「自分自身に帰る」ことが、生の真のやすらぎを得られること

なのでしょうね。

雪の風花を無心に見ながら、そんなことを思いました。


***************************

「仏説摩訶般若波羅蜜多心経」

観自在菩薩行深般若波羅蜜多時、照見五蘊皆空、度一切苦厄。舎利子。
色不異空、空不異色、色即是空、空即是色。受想行識亦復如是。舎利子。
是諸法空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減。
是故空中無色、無受想行識、無眼耳鼻舌身意、無色声香味触法。
無眼界、乃至無意識界。無無明亦無無明尽、乃至無老死、亦無老死尽。
無苦集滅道。無智亦無得。以無所得故、菩提薩埵、依般若波羅蜜多故、
心無罣礙、無罣礙故、無有恐怖、遠離一切顛倒夢想、究竟涅槃。
三世諸仏、依般若波羅蜜多故、得阿耨多羅三藐三菩提。
故知、般若波羅蜜多、是大神呪、是大明呪、是無上呪、是無等等呪、
能除一切苦、真実不虚。故説、般若波羅蜜多呪。
即説呪曰、羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶。
般若心経


お越しいただき、ありがとうございます。共感したら、Click me! 

水曜日, 2月 06, 2008

「偉大なる魂の生き方」-マハトマ・ガンディー

1月30日は、インド独立の父、マハトマ・ガンディーが
暗殺されてから丸60年となる日。

インド各地では、首都ニューデリーでの追悼行事や
ムンバイでのガンジーの曾孫による遺灰をアラビア海に流す行事などが
行われたそうです。

インド独立の翌年1948年1月30日、
ニューデリーの滞在先で、ヒンズー教至上主義者に銃撃され、
ガンディーは死亡。

20世紀の知性を代表するアルバート・アインシュタイン博士は
「道徳的衰退が一般的な我々の時代にあって、
 彼だけが政治領域における
 より高い人間関係の概念を
 体現する唯一の政治家であった」

と哀悼しました。


私は、小学校卒業の記念文集に「ガンジーを読んで」という題で、
このインドに生まれ、丸メガネをかけた痩せた小さな身なりに
腰布で体を包んだ半裸のインド人のすばらしい生き方に
感動したことを書きました。
それから30年が経っています。

歴史が大好きで、様々な英雄・好人物の伝記を
読み漁っていた自分が
ガンジーという人物を取り上げたのだろうか?
その後文集を読み返す度に、
自分でもその時なぜ彼を取り上げたのだろうかと
思い返してみたものです。

これこれこうという理由はよく思い出せないものの、
はっきりと言えるのは、
子供ながらにこの半裸のインド人の持つ偉大な魂の生き方に、
自分が強く惹かれたということです。

そしてその後、自分の歳が増え、
様々な人々のその様々なる人生、社会の不公平と不条理、
家族という存在の有り難さ、
同じビジョンに共感する人々との素敵なつながり、
などを通して、
この「ブッダ以来最も影響を持ったアジア人」(寺島実朗氏)
生き様とそれを支えた魂に益々強く惹かれています。


1869年、ガンディーはインドのグジャラート州に生まれ、
19歳の時に英国留学へ行きます。
地位と金を求めて弁護士資格取得を目指す植民地からの
留学生でした。

その英国生活の中で、彼は次第に大英帝国の繁栄の陰に
悲惨な貧困者が存在する矛盾に気づき始めます。
そして英国的生活にあこがれる気持ちも次第に萎え、
「インド回帰」ともいうべきインド人としての自覚を高めていく
ようになります。

1900年、南アフリカに渡り青年弁護士として現地で働くインド人を
応援しながら、次第に「真理への確信に基づく不服従の闘い」
という思想の基軸を醸成していきます。

そして、実験農場を開設し、新聞の発行を行うなどして、
機械文明への過剰依存を嫌い、額に汗して働くことを尊ぶ
ガンディーの思想、民衆を分断し差別する支配の構造に対する
静かな抵抗思想が段々と形成されていったのです。

当時の英国のインド統治は「分断による統治」であり、
それはヒンズーとイスラムという宗教の対立、根強いカースト制度、
人権・言語の多様性、地方主義へのこだわりなど、
インド社会に横たわる多様性を分裂し敵対的に分断させることで
結束させないことに苦心することで行われているものでした。

この分裂・分断に対して、インド国民の自尊を求め徒手空拳で
大英帝国に立ち向ったのがガンディー。

母国に戻った彼は、
「サティヤーグラハ」(真理への確信に基づく不服従の闘い)という
手段により、武器や暴力は使わず、愛と条理を貫き、
徹底して相手の良心に訴えかける方法をとりました。

その後、1948年にインド独立。

大英帝国の植民地からの解放という目的は達せられたものの、
彼の夢であったヒンズーとイスラムの和解と協調に基づく
インドの統一的独立は実現しませんでした。
それぞれがインドとパキスタンとして分離独立し、現在に至っています。


ガンディーを銃弾で倒した民族や宗教の壁は、21世紀を迎えた今日
容易に崩れることはなく、世界の各地でテロの悲劇が見られている。

しかし、この偉大なる魂を持ったガンディーの思想と行動は、
キング牧師やマンデラ氏など世界各地でいわれなき差別や圧制に
苦しみながらも、社会の不条理に立ち向かう多くの人々に
勇気とインスピレーションを与えています。

それはまさしく地球の生物の進化においてまだ幼年期にある
人類に対して「良心」を種蒔いたものであり、地球市民の高い
意識を持った人々がこれを芽吹かせてきていることを感じるものです。


「汝が声、 
 誰も聞かずば、
 一人歩め、一人歩め」


ガンディーのこの励ましに、これからも多くの魂が
目覚めてゆくことでしょう。


お越しいただき、ありがとうございます。共感したら、Click me! 

日曜日, 2月 03, 2008

「自然とは、神が自分自身を愛しむ気持ち」-☆森のクマさん☆

先月、5歳の誕生日を迎えた息子。
彼のここ最近の関心は、様々な生き物のつながり。

昨年の夏・秋と「虫の探検隊」に出かけたことで、
森の中や草原、田圃などに見られる様々な自然の生き物達の暮らしに
強い関心を持っています。


平日の朝起きた途端に、
「パパ、カマキリはバッタを食べる?」
「カブトは何を食べるの?」

・・・・

私は朝の支度に忙しい中、最愛の息子の質問になるべく
答えてあげたいと思うのですが、なにせ朝の1分は貴重な1分。
そうそう丁寧には答えられません。
「良ちゃんが寝ちゃう前に帰って来れたら、答えてあげるよ」
そして出かけます。

仕事を終えて、帰宅すると
待ってましたと息子のニコニコ笑顔。
「パパ、フクロウは何を食べるの?」
「木の蜜に集まる虫の中で、スズメバチは何番目に強いの?」
「タガメとタイコウチがいるところに、
 メダカがやってきたらどっちが食べるかな?」

・・・・

因みに、休みの日は、この質問がずっと続きます。
子供の好奇心のすごさに感心すると共に、
大人のエネルギー、集中力は子供のそれにはかなわないと脱帽です。
私は自然のことをある程度は知っているので、
何とか息子の質問に答えられていますが、段々質問のレベルも
上がってきています。

息子は父親とのやりとりを通して、
自然界には、
・草食もいれば肉食もいる。雑食もいる。
・生き物の生息する環境には、様々なものがある。
・生き物の世界には、競争もあれば協力もある。
とうことを何となく理解してきているようです。

やりとりを繰り返しながら、
息子が自然や生き物の世界の不思議さに驚き、惹かれていることを、
とても嬉しく思っています。

一方で、何よりも大事なことは知識での満足ではなく
自然そのものに直接ふれること。
そのことこそが、子供の成長に大きな役割を果たす。
自分の子供時代を懐かしく振り返り、きっとそうであると
確信しています。

冬の今は、生き物たちは休眠期ですが、これから暖かくなり、
生き物達の春の活動を見たら息子はさぞ喜ぶことでしょう。
親馬鹿の私はその日を心待ちにしています。


そんなことを書きながら・・・
以前に読んだ本の中に載っていた米国ウエスト・バージニアの
山頂の保護活動を行っている女性の話を思い出しました。

 ”ジャネットさんは自分自身が自然の中で過ごした子供時代を
 振り返る時、それが現在の環境活動の源であるばかりでなく、
 精神の栄養になっていることがわかるのだ。

 子供のころには、叔父夫婦の牧場に行くのが大好きで、そこにいると
 想像力と精神とが大きく広がるのだった。
 彼女は、納屋へ、鶏小屋へ、丘の麓へ、牧場へ、渓谷へと、
 目の前に横たわる豊かな自然の中での宝探しの冒険に飛び出していった。
 
 それが猫の赤ん坊が生まれるのを見ることであろうが、
 死んで地面に横たわっている羽毛のない鳥の雛に涙することであろうが、
 命についてのジャネットの好奇心に対して、
 ありあまるほどの学びのチャンスをくれた。
 そして死は避けられないことであることも教わった。

 「私はいまだに、彗星や日食や月食、流星群といった天体の出来事に
  畏怖の気持ちをもっています。

  そうした不思議を見ていると、なぜだか、私が生まれる遥か前にも
  同じように感じていた、数知れない人間や生き物と自分が
  つながっているのを感じるのです。

  無限の宇宙とその神秘とのおかげで、
  私は人生に対して大きな見方をすることができます。
  自然界のありふれたもの、たとえば一枚の鳥の羽が
  100万もの部分からなることに対して、今までよりも大きな驚きで
  いっぱいです。

  子供のころの私は、自然の中に自由の喜びを見つけていました。

  そして今でも流れる小川の脇や、星の天蓋の下にいるときには、
  最も深い喜びを感じます。」

 ジャネットは、自然の中には適切な言葉を超えた何かがあると
 感じるという。  
 彼女はそれを「神が自分自身を愛しむ気持ち」と呼ぶ。

 彼女の娘は成長し、今では遠く離れた都会に住んでいるが、
 やはり同じように感じている。” 
 

自然は子供たちに、彼らが一人ぼっちでないこと、
世界の真実や多様性は彼らの身の丈にあったものだということを
教えてくれます。 


お越しいただき、ありがとうございます。共感したら、Click me! 

フォロワー

amazon