日曜日, 3月 30, 2008

「日光の仁王尊を息子と共に見ながら」-花岡大学

今月の初め、弥生の暖かさに入り、家族で日光へ出かけてきました。
義理の両親の還暦祝いを兼ねての小旅行。


仏像好きの父親に似たのでしょうか、
5歳の息子が早、昨年からさまざまな神仏に関心を持ち始め、
とりわけ荒々しい相を見せる仏像に強く惹かれています。

不動明王を始めとする諸明王や毘沙門天などの四天王、
馬頭観音、仁王尊、金剛力士、風神雷神、の諸仏。

昨年、近くの公園に遊びに行った際に、
隣接のお寺の山門に立っていた「仁王様」。
仏像の本で見ていたのとは異なり、
実物はとても大きく威圧感ある恐ろしい表情を持った存在として、
息子に強いインパクトを与えました。

その仁王様は、宇宙で一番の力持ちであり、悪魔から人間を守ってくれる。
そして、心のきれいなよい子にはとてもやさしくて、
意地の悪い子やわがままな子にはとてもこわい。

そう父親から聞いた息子は、ある日駅のポスターで見かけた
日光東照宮の山門に立つ仁王様を見て、
いつか会いにいきたいと思っていて、
こうして会うことができたのです。

山門に聳え立っていた「阿・吽」二対の仁王様。
心なしかやさしい表情に見えました。

おかげで最初は怖がっていた息子も、おそるおそるながらも
近づいて見て、そっと上を見上げると、
どこか笑顔にも見えるその赤いお顔に親しみを持ったようでした。

「パパがいつも言っているように、心のやさしい子には
 こうして笑顔を見せてくれるんだよ」

「うん、本当だったね」


私も息子と一緒に、仁王様のお顔を見ながら
以前に読んだ花岡大学さんのお話を思い出していました。

それは、おしゃかさまの傍にいた弟子たちの中で、
仁王様の持つ金剛のきねを持ち上げようとして、
三人の弟子が挑戦するが、
いずれもうまくいかないという話・・・

”その場は、しばらく、しゅんとしずまり返っていた。

 すぐれた力を持っている三人が三人とも、
 金剛のきねを持ち上げることにしくじり、
 おしゃかさまから力が弱すぎるからだといわれたことが、
 どうしてだか、はっきりわからなかったからだ。

 そのようすを見てとったおしゃかさまは、
 そっと仁王さまをおよびになり、
 『ひとつ、みんなのうたがいをはらすために、
  金剛のきねを持ち上げて見せてあげなさい』
 といった。

 仁王さまはうなずいて、きねのそばへよると、
 あれほど三人が一生けんめいになっても動かなかったきねを、
 右手でひょいと取り上げると、
 空中で風車のようにひゅうひゅうと、ふりまわした。
 高く投げ上げて、ひょいと受け取って見せたりもした。

 『どうだね。わかったかい』
 と、おしゃかさまは笑いを含んだやさしい顔で、
 みんなを見まわしながら、言葉をつづけた。

 『はじめに、仁王がいったように、金剛のきねは、
  持つ人の心によって、重くもなり、軽くもなるのだよ。
  
  アジャセ王には、自分は誰よりも強いのだという、
  たかぶりの心があるからだめで、
  帝釈天にも、自分の力をたのみ、アジャセ王の鼻をあかして
  やろうという下心が働いているから、
  きねはいっそう重くなるばかりだし、
  モクレンは、みんなからうやまわれて、いい気になろうというような
  心があるから、金剛のきねは、須弥山より重くなって、
  にじり動きもしなかったのだよ。

  仁王には、そういう自分を買いかぶったり、
  たかぶったりする心が、少しもないから、
  同じきねでありながら、あんなにかるがると持ち上げることが
  できたのだよ』

 おしゃかさまは、やさしいほほえみをうかべながら、
 じゅんじゅんと説き続けた。

 『なにもわたしは、三人をとがめているわけではない。
  人間には、みんな、多かれ少なかれ、
  そういう自分中心の心があって、そこから逃れられないものだが、
  逃れられないのが当たり前ではなく、
  なんとかして逃れるようにつとめなければならない。
  きょうの出来事をしずかにかみしめて、
  ほとけになる道を、
  しっかり見つけ出してほしい』”

 

この子どものときから愛読してきたお話は、
自分が何歳になろうが常に、
「もし自分だったら」「もし、そこにいたら」
「もし、そう言われたら」
という自分を省みずにいられない気持ちにさせられます。

スピリチュアルという言葉で、さまざまなカタカナ言葉の
霊性開発につながるといううたいのものがもてはやされ、
ある種ブームのようにもなっています。
そのようなものを否定するものではありませんが、
安直なブームには決して乗りたいとは思いません。

人にはそれぞれ成すべき使命が与えられており、
それを成就するために、
人には人生という期間が与えられています。

私の場合は、このお話のような
子どもの心をうつような話を
自己のこころの火として灯しつづけてゆくことで、
小さいながらもいのち宇宙の清浄をまねく
灯のひとつとなっていきたいと願うものです。


息子と共に仁王尊を見ながら、そんなことを思っていました。



お越しいただき、ありがとうございます。共感したら、Click me! 

土曜日, 3月 29, 2008

「桃の節句と母親のおんぶの愛」-二部治身

3月3日は「桃の節句」の日。

女の子の厄除けと健康祈願のお祝いの日であり、お七夜やお宮参りと同じく
女の赤ちゃんのすこやかな成長を願う古来からの大切な行事の日。

そんなことを思いながら、以前に聞いた二部治身さんの言葉を
思い出しました。

「アジアのお母さんは赤ちゃんをよく負ぶっている。
 日本ではあまり見かけなくなったのはどうしてだろう。
 昔は負ぶい紐で子どもを背中におんぶしていたもんや。

 これはどうもアジアならではの文化らしい。
 子どもを体に密着させて、背中で愛情を感じていたんやね。
 
 日本人が子どもをおんぶしなくなったことについては、
 警鐘をならしている研究者もいる。

 母親が子どもをおんぶしていれば、
 子どもはいつも親の呼吸や体温を感じ、
 母親はいつも子どもの息遣いや体調を感じることができるんや。

 それをしなくなって、赤ちゃんをすぐベビーカーに乗せたりする。
 あれでは子どもは単なる荷物になってしまう。

 そういった親と子どものじかの接触が少なくなることは、
 子どものためにも、親のためにもよくないことだと思う。
 子どもを虐待する親や、子ども自体が変になったり、
 いまの日本は本当に滅茶苦茶になっているけれど、
 こんな現実も、昔のように日本人が子どもを
 負ぶらなくなったかもしれない。

 やっぱり背中の重みをかみしめることは大切なんやね。

 子どもだったら、その子の息遣いや体温、
 籠だったら季節の花や野菜の香り、収穫の喜び。
 たえずそんなことを感じながら、女たちは家路についたはずや。

 いまはなんでも楽なほうへ人間は向かってしまうが、
 こんな時代だからこそ、もう一度人の背中で感じることを
 見直すべきだと思う。

 私がもっているアジアやアフリカの子どもを背負う布には、
 気が遠くなるような時間を使って、それぞれまったく違った
 刺繍が施してある。

 ひと針、ひと針、愛情をたくさん込めた飾りを競うように
 縫い付けてあって本当に美しい。

 それはお母さんの心が現れた美しさなんやね。」

この言葉から、私も小さき日に母親に負ぶってもらっていた頃の
ことの記憶が甦りました。

そして、息子が赤ちゃんの時、背中に負んぶしていたところ
スヤスヤと眠ってしまった寝顔を妻と共に
「何と子どもとは可愛いものか」と、幸せを感じながら
いつまでも飽きずに見ていたことを思いました。

世界中の子どもたちが、日々幸せでありますように。


お越しいただき、ありがとうございます。共感したら、Click me! 

日曜日, 3月 09, 2008

「才覚を持つものと発掘するものとの良縁」-森口華弘

先月20日にお亡くなりになった重要無形文化財保持者(人間国宝)で
京友禅作家の森口華弘(もりぐち・かこう)さんの素晴らしい話を
聞きました。


「斬新な意匠で、現代的な息吹を友禅の世界に吹き込んだ重要無形文化財
 保持者(人間国宝)の森口華弘さん。

 森口さんが学童のころ、図工の時間に「みかんの絵を描きましょう」と、
 担当教師が生徒に指示した。

 森口さんが描いたのは、
 画用紙からはみ出るほどの大きなみかんだった。

 教師はスイカではなく、みかんを描くようにいった。
 「みかんはもっと小さなものでしょう」。

 森口さんは、
 「みかんはとても甘くておいしいけど、小さい。
  だからスイカみたいに大きなみかんがあればいいなあ」と
 思って描いたという。
 でもそれはいわなかった。
 

 次にまたやってきた図工の時間。
 今度は汽車を描くようにいわれた。

 森口さんは画用紙の中央やや右側に、上から下に伸びる
 日本の線を描き、それに短い横棒を入れていった。
 線路である。

 その右手には、たわわに実る稲穂で埋め尽くされた田を、
 左手には麦畑を描いた。

 面積では右の稲が七、左の麦が五、線路部分が三という
 構成だった。

 「汽車を書くようにいったのに、この絵には汽車がないじゃないか」と
 教師から言われた森口さんは、
 「汽車はもう先に行ってしまった」と答えた。

 そんなことがあって、二枚の絵はどちらも、
 甲乙丙の「丙」になった。
 おそらく、トンチンカンな絵しか描けない子という評価を受けたのだろう。


 そんなある日のこと、臨時に赴任してきた美術の教師が
 森口さんの絵をじっと見ていった。

 「この絵はおもしろい。あなたは夢を描きたかったのか?」

 森口さんはうなずいた。
 大きくて甘いみかんが欲しかったし、汽車が通り抜ける
 のどかな風景が好きだったからだ。

 「それなら丙でなく、甲をあげよう」と臨時の教師から言われた。

 図工で、美術の先生から「甲」をもらえた。
 ひょっとしたらぼくには、絵の才能があるのかもしれない。
 それが絵を描くきっかけになったと、
 森口さんは振り返った。」


京友禅をプロとしてやり続け、人間国宝にまでなった森口さんには
才覚がありました。

その才覚を発掘したのは、臨時に赴任してきた美術教師です。

才覚があっても目利きがいなければ才覚は発掘されず、
開花しないまま埋もれてしまうことをよく物語っていますね。


無限の可能性を持つ子供の親として、
深く考えさせられる話です。


お越しいただき、ありがとうございます。共感したら、Click me! 

日曜日, 3月 02, 2008

「日本の社会に求められるヒューマン・ファクター」-柳田邦男

房総半島沖で19日早朝に起きた、
海上自衛隊のイージス護衛艦「あたご」がマグロはえ縄漁船「清徳丸」
と衝突した事故。

清徳丸の親子2人の行方は依然不明で仲間の漁船が必死の捜索を
続けており、地元の千葉県勝浦市では家族や仲間が生還を祈り、
真冬の海に必死に手を合わせています。

私もお二人の方が早く見つかるように、心から祈るものです。


今回の事故について、これまでの情報では
乗組員による目視が不十分だったため清徳丸に気付くのが遅れ、
回避動作が間に合わなかった可能性が高いと言われています。

”当時、あたごは当直体制で夜間航行をしており、
 艦橋に10人程度の乗組員が目視などで洋上を監視。
 さらに、前方の船舶を映す水上レーダーでチェックしていた。
 海自幹部によると、300~400メートルより近くなると
 レーダーは役に立たず、乗組員の目視に頼ることになる。
 目視が不十分だった可能性がある。”

一方で、「あたご」はハワイ沖での試験を終え、約4ヶ月ぶりの
帰国。東京湾に入る手前での事故には、乗組員の気の緩みは
なかったかとも言われています。


私は、7年前に起きた海上事故のことを思い出しました。

2001年2月、ハワイのオアフ島沖で米海軍の原子力潜水艦
「グリーンビル」が愛媛県立宇和島水産高校の漁業実習船「えひめ丸」に
衝突、沈没させた事故。

柳田邦男さんは、自著の中の一節、「ヒューマン・ファクター」
この時の事故のことを取り上げられていました。
 
「衝突の直接的な原因は、原潜が海上の安全を十分に確認しないまま
 急浮上したことにあるのだが、なぜそのような危険な急浮上を
 あえてしたのかという点にある。

 これまでに明らかになった事実(事故を起こした要因)の
 主なものだけでも、次のように多い。

 ・「グリーンビル」はデモンストレーションだけの目的で、
  乗組員数が2/3足らずのまま出航したので、安全担当員が
  不足していた。
 ・民間人の昼食で予定が遅れたため、艦長は見せ場の特殊航法(
  左右に高速蛇行や緊急浮上)の実演を急いだ。
 ・ソナー(超音波探知機)室には、訓練生一人しかおらず、
  「えひめ丸」と見られる船影を一度とらえたのに、訓練生は
  追跡しなかった。
 ・艦長は緊急浮上を命じる前に、潜望鏡を1分20秒しか見ず、
  潜望鏡の海面上への出し方も不十分だった。
 ・艦長より上の上級の参謀長は艦長の手順が速すぎると感じたが、
  艦長と部下の信頼関係にひびを入れてはいけないと思い、  
  口出しをしなかった。 
 など。

 このように列挙すると、艦長や関係乗組員の心理と行動を
 支配していたものは何であったかがくっきりと浮かび上がってきて、
 海軍の中に安全のための何が欠けていたかが自ずと明確になってくる。

 米国の全米科学アカデミーが1999年に医療事故の実態と
 取るべき対策に関する研究報告書を出した。
 この報告書のタイトルは、”To Err Is Human”
 (エラーをするのは人間の本性)


 つまり、人間はエラーを起こしやすいのだということを前提に、
 作業手順や機械・装置の設計や組織のあり方を決めないと、
 事故は防げないという意味


 人間のエラーをこのようにシステムの構造の中でとらえる時、
 重要なキーワードとなるのは、「ヒューマン・ファクター」だ。
  
 エラーという言葉には、非難・攻撃する意味がまつわりつくが、
 ヒューマン・ファクターという用語は、責任問題を論じるより、
 事故をもたらした諸々の要因の中で、
 人間(業務遂行にかかわったさまざまな立場の人々)がどのように
 かかわったのかを、まず明らかにしようという考え方がこめられて
 いる。

 そういう考え方でエラーをヒューマン・ファクターとして
 とらえる時には、
 「なぜその人のエラーは生じたのか」
 「その誘発要因は何だったのか」
 という突っ込んだ分析が重要になってくる。”


今回の海上事故についても、ヒューマン・ファクターを明らかに
することで、今後同様の悲惨な事故の防止につながることになります。

製紙会社各社による再生紙の古紙含有率偽装をはじめとする
さまざまな表示偽装、防衛省の装備品輸入に絡む不正・汚職、
スポーツ界をゆるがしているドーピング疑惑・・・

しかし、日本社会を見ているとこのような偽装、不正、疑惑の
後処理がどうもすっきりするものとはなっていません。

起きた直後には、責任者が頭を下げて記者会見。
頭を下げるということの意味が、軽いものへとなりつつあります。
先日の赤福の営業再開では開始から次々に大量に買い求めていく
人々の姿がテレビに映し出されているのを見ましたが、
何か違和感を感じてしまいました。

人間社会の中で、組織と人間の資質の著しい低下が顕著に見られる現在、
ヒューマン・ファクターへのアプローチを行うことは、
事故調査だけでなく、様々な失敗の分析の視点と方法として、
何事につけ失敗をうやむやにしてきた日本の社会に定着させるべき
大事な課題だと思います。



お越しいただき、ありがとうございます。共感したら、Click me! 

フォロワー

amazon