土曜日, 4月 26, 2008

「あるべき正しい方向にめざめ、あるべきゴールをめざす」-内橋克人

4月に入り、毎週のように雨が降っています。
それも強い風混じりの降り方で、熱帯化を感じさせられるような雨。

気候変動を徐々に肌で感じつつ、膨大な財政赤字、相次ぐ企業倒産、
際限なく膨張する国民負担・・・など、膨れ上がる社会の歪みを
日々耳にします。

展望なき未来への「不安」の重さに対して、
持続的な社会を築いていくための強いリーダーシップと
私たち一人一人の取り組みが求められていると強く思います。


20世紀、各国が追い求めてきた果て無き経済成長。
この経済成長の結果、われわれ日本を含めて先進国は
物質的な豊かさを得ることができました。

しかし、その繁栄は一部の先進国だけが謳歌するもので、
世界の大半の国は途上国という扱いで、さまざまな格差が広がり
富を持つものと持たざるものに分け、また地球環境を劣化させ続け、
決して持続可能でない不公平な大小のシステムが世界中を
覆い続けています。


経済評論家の内橋克人氏はこう語ります。

「長い時間、私たちは経済成長を追い求めてきました。
 しかし、同時に成長にともなう「うしろめたさ」から自由では
 ありえなかったのではないでしょうか。

 経済成長は地球資源と人の浪費をともなうことなしには
 達成不能という思い込みが、日本に限らず、
 20世紀世界を支配してきたからです。

 そして、それはまぎれもない現実でした。
 また、同時にその道は貧しい国から富める国へと資源、マネーを
 移し植える過程でもありました。
 国と国との格差は否応なく拡大し、経済成長を求めて
 「浪費こそが美徳であり価値だ」と人びとは
 思い込むよう強制されもしました。

 そのような20世紀を支配したのは「見えないモノは存在しない」という
 確信に満ちたトリックの政治と経済だったのです。
 公害もゴミも、この世の厄介もの、迷惑ものは
 すべて「見えない」ように隠蔽することで済まそうと躍起だった。
 これが過ぐる20世紀の実像だったのです。

 バブル崩壊後、なぜ私たちの必死の努力がそれにふさわしい
 実りを生むことがなかったのか、
 なぜ成果でなく労苦がいや増すばかりの改革であったのか、
 いまや猜疑の眼を為政者に向けない日本人は少なくないことでしょう。

 なぜ私たちはむなしい「徒労の経済」のなかに足をすくわれて
 しまったのでしょうか。

 改革を叫ぶものも、その改革に抵抗すると称されるものも、
 あるいは痛みの後の光を約するものも、その光へ向かう速度を
 めぐってスピードが遅い、と糾弾の声を上げるものも、
 よくよく考えてみれば、結局、
 すべての発言者がまったく同じ方向めざして靴音そろえ
 一斉行進しているに過ぎなかったこと、
 ここに明らかにすることができます。

 90年代から21世紀初頭にかけ、私たちの社会はすでに過去の風景へと
 通り過ぎた幻影を追って、まさに後ろ向きの営為を積み重ねたに
 過ぎなかったこと、次第に明らかになっているのです。

 景気対策といい、国民負担といい、過去の夢、戻るはずもない
 仮想の経済大国の復活へ向けて、資源にとどまらず、
 国民精神まで総動員して、必死の形相で入れ込んだということでした。

 いま私たちはこの壮大な「世紀のトリック」を見抜き、
 「巧妙なレトリック」からも脱出しなければならない。
 それが可能なときがきているのだと思います。


 従来概念における「経済成長」ではない、ましてGDP(国内総生産)の
 量的拡張をもってする「成長」の計量評価尺度とも違う。

 真の「成長」とは、人間生存の基盤をより強靭なものとする
 条件の前進、そして充実のことをいっているのです。
 
 過ぎ去ったものに未練を残し、間違った方向を目指すとき、
 前途に立ちはだかるのは悲観材料ばかりです。

 しかし、あるべき正しい方向にめざめ、
 あるべきゴールをめざすならば、
 私たちは確実に明るい未来へ、と近づきつつある自分の姿を
 発見することができます。

 人が人として尊重される、
 人間生存の条件をより確かなものとする
 社会をめざす。
 
 このゴールめざして方向性を定め、
 しっかりと眼を凝らしてみれば、
 日々確かな努力の一歩を重ねている私たち自身の姿に気づき、
 あらためて自分たちの健気な努力や涙ぐましいほどの頑張りに
 感動さえ覚えることができます。

 大事なことは、政治や企業が社会を変えるのではなく、
 社会こそが政治や企業を変えるのだ、
 というかけがえのない真理の覚醒です。

 生きる場である地域社会が日々に吐き出す生ゴミを集めて、
 それを原料に無公害ガソリンを生み出す、
 地域社会のなかで生産、消費が絶えることなく循環する、
 そのような「生き続ける町」を可能にするためにこそ、企業はある、
 とすでに多くの現場の企業人が声を上げています。

 東京・永田町、霞ヶ関を渡る「天空回廊」でなく、
 地方、辺境の地、農業、
 何よりも生きる・働く・暮らすの場で、
 ほんとうに強靭な「もうひとつの日本」がむっくりと
 頭をもたげ始めている。
 
 確信をもってそう断言することができます。」


真の「成長」とは、
人間生存の基盤をより強靭なものとする条件の前進、
そして充実のこと。

まさしくそうなのではないでしょうか。

私たちの世代は、次代を受け継ぐ子どもたちのために、
「もうひとつの日本」をたしかなものにしていくことが、
強く求められています。 
 

お越しいただき、ありがとうございます。共感したら、Click me! 

0 件のコメント:

フォロワー

amazon