月曜日, 7月 28, 2008

「森の保全は、国の保全」-☆森のクマさん☆

人の心と自然の状態は、比例するといわれます。

戦後、この国は経済的に豊かになったけれど、
心の豊かさを忘れてしまい、
欲望民主主義というような形態が生まれ、
他者よりも自己優先といった風潮になりました。

その結果、他国に比べて
とても豊かと評されていた日本の自然は
荒廃しつつあります。

昔から人々と共にあった、きれいな川、緑ゆたかな森、
そしてそこに生きる様々な生命達が
次々に失われつつあります。

この流れを変えていかなければ、
自然を守っていかなければ、といつも強く思います。


ある方が言っていましたが、
「今日の森林問題が抱えている深刻な問題は、
 森林がいかに美しく豊かで、
 日々の暮らしに役立つものであっても、
 市場経済の尺度でみれば、
 たいした価値を生み出さない。

 木材生産が森林経営として成り立たないかぎり、
 市場経済的には森の価値はほとんどなくなっている。」

かつて、里やまの文化では
伝統的な村の暮らしとして、村人が豊かな森に包まれ、
その恵みを生かしながら暮らすことが
可能であった経済が存在しました。

森のなかから山菜や茸を採取し、
山にマキを求め炭を焼き、
森の木を育て敬う、営みが存在したのです。


日本の森林2,500万haの4割にあたる1,000万haが、
人工林になっていますが、
そのほとんどは戦後に植えられたものです。

戦中・戦後復興期の乱伐によって生まれた
ハゲ山に植林されたもの。

国有林の拡大造林政策、
生活スタイルの変化(消費は美徳、大量生産・大量消費など)により、
里やまにあった広葉樹林は次々に消え、
市場経済で価値を持つスギ・ヒノキなどの針葉樹林へ
変わっていきました。

しかし、アジア諸国からの安い輸入材に
その位置をとって代わられ、
国内の森林経営はどこも成り立たなくなりました。

その結果、林野庁の莫大な赤字と国民への負担、
民間経営の破綻による森林管理の放棄、
そして森林の荒廃。

森を育てるということは、
実に時間がかかり根気のいる仕事であり、
これを工場の自動化生産のようにしようとしたのは、
短絡的な試みでした。


今日、国が行っている森林保護政策としては、
林野庁が全国の主たる森林地域を
「森林生態系保護地域」と設定しています。

知床半島、白神山地、屋久島など
過去に「自然保護か伐採か」をめぐって
大規模に争われた地域が指定されています。

この「森林生態系保護地域」には、
いっさいの利用を禁じ保護する「保存地区」、
保存地区を包み込むように設定され、
生態系が変わらないように保護することに重心をおいて、
その範囲で利用する「保全利用地区」
などの区分けがあります。

一見、これはその地域を荒らすものが
ないように見えます。

しかし、もともとその地域を利用してきた
村の人達が入ることを禁止されるという、
森と人との関係を絶つものになっています。

保護か利用かの二者択一の発想で、
この制度は考えられたように思えます。

そこには森林の利用は、
商品経済の中で木材を生産するゾーンと
保護するゾーンに分けただけという
浅慮が見られてなりません。

森林と人との関係は、ただそれだけにあるとは思えません。

昔の利用そのままでなくても、
今の時代を考えた利用が他にあるはずです。

このことを考え、
森林を守り維持していくことが必要だと思います。


森林の保全を考えるとき私が参考にしているのは、
かつて99年に訪れた北海道富良野にある
東大演習林の保全方法。

当地では、初代林長であった
高橋延清先生(どろ亀先生)による
世界的に評価の高い「林分施業法」を用いて、
林内をグループ分けし、10~20年の周期で択伐を行っていました。

林内での平均の樹木の量は、
他の森林の倍以上になっており、
緑の豊かさを保ちながら木材を供給し続けています。

人が手を加えることによって、
森の生命をより豊かにするという森林保全のすばらしい例。


日本人は、もっと自然との関わりを深く考え、
自分達の文化を考える必要があります。

どの道をこれから歩んでいくことがいいのか、
真剣に考えていく必要があります。

そうでなければ、
亡くなられた司馬遼太郎さんが生前心配していたように、
この国は滅ぶのではないか、そう思えてなりません。

そうならないように、
森林を愛する意識ある人々と共に、
この国のすばらしい自然を守り、
子供たちにつないでいきたいと願っています。


お越しいただき、ありがとうございます。共感したら、Click me! 

月曜日, 7月 07, 2008

「どのような状況でも自分の使命を果たす」-齊藤慶輔

「プロフェッショナル~仕事の流儀~」(NHK)

人気の番組ですが、先日観て驚いたのは、
かつてお会いした方がゲストだったということ。

彼の名は、齊藤慶輔さん。
北海道・釧路湿原で野生動物を専門に診る獣医師。

彼が治療するのはオオワシやオジロワシ、シマフクロウなど、
絶滅の危惧にある猛禽類。

私は、今から9年ほど前に2年間、自然環境保全を学んでいました。

夏休みのある時期、北海道の道東地区にあった動物病院で
開かれていた獣医を目指す学生たちをメインにした、
野生動物保護研修に応募し、入れていただいたのです。

院長が講義の合間に、我々受講生を道東の様々な現場に連れて
行ってくださったのですが、その時にお会いした方の一人が
齊藤さんでした。
お会いした場所は、環境省のシマフクロウ保護センター。

シマフクロウの保護の意義を語って下さった当時も、
今日の番組を観ても変わらないと感じたこと。

それは、彼の澄んだ瞳と「野生のものは野生に帰す」
ということ。

単に「環境のため」という表層的な言葉などでは決してない、
深い決意を持ったすばらしい方。


”治療の対象は、絶滅の危機に瀕したシマフクロウや
オオワシなどの猛禽類だ。
 広げると2メートルを超える大きな翼、鋭いクチバシや
爪を持つ野生動物を相手にしなければならない。

 ペットや家畜と違い、野生の猛きん類の治療に教科書はない。
 齊藤は、試行錯誤を重ね、自ら治療法を編み出してきた。

 だからこそ齊藤は、野生動物と向き合う時、覚悟をもって臨む。
 「動物の前にいるのは自分しかいない。最良を目指し、
 最善を尽くす」

 野生動物の命をつなぎ止めるために、自らを追い込み、
 全身全霊で治療にあたる。


 齊藤の仕事は、治療だけでは終わらない。
 最終的な目標は、鳥を野生に帰すことにある。

 野に戻せるのは、運ばれてくる鳥の2割ほどに過ぎない。
 さらに自然に適応できず、再び救出されるものも少なくない。

 それでも齊藤は、鳥たちを野に放ち続ける。
 傷の完治ではなく、野に放つことが野生動物の獣医師としての
 ゴールだと信じているからだ。

 「人間が判断して、野生復帰は無理だと踏んでしまえば、
 それで終わってしまう。
 少しでもチャンスのあるうちは、野のものは、野へ帰してやりたい」


 現場は、まさに救急医療そのものだ。
 強制的な水分の注入や止血剤、ビタミン剤、抗生物質など
 命を救うためにありとあらゆる手を尽くす。

 だが、そんな齊藤が最後に信じているのは、野生動物が持つ
 ”生きようとする力”だ。

 齊藤は、ひん死の重傷を負ったワシに、あえて肉を見せる。
 ”生きる意志”を見るのだ。

 「自分で治る力があるはずだから、それをアシストする。
  『治す』なんておこがましい事じゃない、手助けをするだけ。
  それが僕らの仕事」と齊藤は言い切る。”
 (プロフェッショナル~仕事の流儀~)


かつてお会いできたことをなつかしく光栄に思いながら、
同年齢の者として、また同じく生き物たちの多様な生命を
守る者として、どのような状況にあっても自分の使命を果たすという
大きな勇気をいただきました。


お越しいただき、ありがとうございます。共感したら、Click me! 

フォロワー

amazon