日曜日, 11月 30, 2008

「子どもたちの能力を信じ、その力を引き出す努力」-宮崎駿監督


昨日、「トトロのふるさと財団」記念シンポ
にて宮崎駿監督と一緒にお話させて
いただきました。

これは、映画「となりのトトロ」の舞台で、
東京都と埼玉県の境に広がる狭山丘陵
の自然保護に取り組む「トトロのふるさと
財団」が、設立10周年を迎えその記念
に開かれたもの。

同財団は、会員から寄付を募り土地を買い取るナショナル
トラストの手法で、里山の環境保全に取り組む日本で初めて
の財団法人。これまでに約1万5千平方メートルを取得して
います。

私は、所属する会社が財団の応援を行っており、
社員の方達が里山保全を積極的にお手伝いしていることから、
最初に同財団とのつながりを持った縁で登壇の栄誉を
いただきました。

シンポジウムのパネルデイスカッションのパネリストは
所沢市在住で財団顧問でもある宮崎駿監督や私など5名。
監督は「美しい風景が少しずつできている」と10年間の
財団の活動を評価されていました。
また自然保護活動について、こう述べられました。
「いろんな所で俺のやり方が正しい、いやこっちの方が正しいと
 やりあってうまく進んでいない所が日本のあちこちにある。
 正しいという言葉をみんなが使いあうからおかしくなるのです。
 正しいということの押し付けはもうやめましょう。
 私は自宅の300M範囲の中で関わることだけに絞って
 責任持つようにしています。
 毎日ごみ拾いを行うとか、変な開発が起きないように
 気をつけるとかしています。
 でも、狭山丘陵はトトロの名前を使ってもいいと言った時点で縁が
 できたので範囲を超えて応援することにしているのです」

とおっしゃっていました。


監督は「ルパン三世カリオストロの城」,「風の谷のナウシカ」,
「天空の城ラピュタ」,「となりのトトロ」,「もののけ姫」,
「千と千尋の神隠し」,そして「崖の上のポニョ」
など幾多の名作を
生み出してきた世界中に多くのファンを持つ映画の巨匠。

私は10代の頃から現在に至るまでこれらの名作に感動し、
物語の奥深さに深く引き込まれてきました。
初めて間近に接し、横に座ってお話をさせていただくことのできた
至福の時間に、私の感じた監督。

何を描く時にも自分が見てきた風景を必ず基礎にするという姿勢から
語られる言葉を横で聞いて感じたのは、
物事の有り様をシンプルにかつ普遍的なものに捉えるこだわり。

誰でも通る誰でも感じる人生の社会での様々な喜怒哀楽を、
いかに普遍的に表現するかというために深く深く掘り下げていく
ことを徹底する大いに尊敬すべき愛すべき頑固な名職人。

かつて黒澤明監督が「もののけ姫の推薦文」に、
「私は、日本のアニメーション映画のファンである。
 見ていて、ニコニコ笑ったり、ポロポロ泣いたりしている。
 自然で素朴で理屈っぽくないのがいい。」
と書いていますが、
まさしくこの自然で素朴で理屈っぽくないというのが
宮崎駿監督の実物でした。


「今、私たちの社会は潜在的な不安に満ちています。
 私たちの職場(スタジオ・ジブリ)でも、それは同じです。
 自分のかわいい子どもたちにどんな未来が待っているかと
 いうことについて、 非常に大きな不安を親たちが持っています。
 それから、子どもをどういう風に育てたらいいのかということに
 ついても大きな不安を持っています。

 それで映画を作りながら、私たちはジブリで働いている人間の
 ための保育園を作ってしまったのです。
 地方自治体から補助をもらうと、いろいろややこしいことが
 くっ付いてきますので、好きなことをやるために、
 まったく企業負担でやることにしました。

 部屋の中に階段やはしごがあったり、穴が空いていたり、 
 それから伝統的な日本の畳や床の間や障子が入っているような
 不思議な建物です。
 庭には山や大きな石や、いかにもぶつかると痛そうな石の階段や
 砂の坂道や、それから落っこちそうな池があります。

 今年の4月から始めたのですが、子どもたちをそこに放つと、
 ハラハラドキドキ鳥肌が立つような恐怖を感じます。
 しかし、子どもたちは環境を利用して、敏しょうに転がって、
 泣きもしないのです。
 池の中に入って遊び、木の実を拾って食べ、はいながら砂の坂道を
 登り、滑り降り、本当に見事なものです。
 この保育園を作った結果、私たちは子どもの未来を不安に思う
 よりも、子どもたちの持っている能力に感嘆する毎日になりました。

 この国に立ち込めている不安や将来に対する悲観的な考え方は、
 実は子どもたちには全く関係ないことなのです。

 つまり、この国が一番やらないといけないことは、
 内部需要を拡大するための橋を造ったり、道路を造ったりすること
 ではなく、この子どもたちのための環境を整えること。

 常識的な教育論や日本の政府が言っているような
 くだらないようなことではなくて、
 ナショナリズムからも解放されて、
 もっと子どもたちの能力を信じて、
 その力を引き出す努力を日本が内部需要の拡大のためにやれば、
 この国は大した国になると信じてます。

 実際に子どもたちを取り巻いている環境は、私たちの
 アニメーションを含め、バーチャルなものだらけです。
 テレビもゲームもそれからメールもケータイもあるいはマンガも、
 つまり私たちがやっている仕事で子どもたちから
 力を奪いとっているのだと思います。
 
 これは私たちが抱えている大きな矛盾でして、
 「矛盾の中で何をするのか」をいつも自分たちに問い続けながら
 映画を作っています。
 でも同時にそういう子ども時代に1本だけ忘れられない映画を
 持つということも、
 また子どもたちにとっては幸せな体験なのではないかと思って、
 この仕事を今後も続けていきたいと思っています。」


昨日のシンポジウムに来ることをとても楽しみにしていた息子は、
パネルデイスカッション終了後舞台裏で大好きな宮崎駿監督に
会えました。
息子が腕に抱えていた絵本「となりのトトロ」をぱっと見て
監督は「はい、握手」と手を差し出してくださり、
息子はすこし照れながら握手をしていました。

夜に開かれた懇親会では幸いなことにここでも隣の席となり、
いろいろなお話をざっくばらんに聞かせていただくことができたのは
本当にうれしいことでした。

監督がサインに書いてくれた中トトロの絵を見ては、
うれしそうにする息子にとっても、私にとっても
まさしく一生の宝の時間をいただいた幸せな日です。


お越しいただき、ありがとうございます。共感したら、Click me! 

日曜日, 11月 09, 2008

「目に見えないものに価値をおくことができる社会へ」-星野道夫


夜8時、テレビをつけたところ
、「トーテムポール」が画面に・・・
番組は「NHK探検ロマン世界遺産」
カナダ・スカングアイ編。
なつかしいクイーンシャーロット島、そして
ハイダ族の人々が登場。

私は2001年12月、新婚旅行と兼ねた星野道夫さんの足跡を
辿る旅をしました。
2週間ほどをかけてカナダやアラスカ各地を回り、
星野さんのつながりのある多くの方達と交流することができた
とても貴重な旅。

番組には島でお会いし、私たちにとてもよくしていただいた
先住民ハイダ族のデイビッドお爺さんも登場していました。
今年70才とありましたが7年前にお会いした際の写真をアルバムから
取り出して見ても、全然変わらぬお元気そうな姿になつかしく、
嬉しい気持ちになることができました。

デイビッドお爺さんはトーテムポール作りの名人。
今作っているというトーテムポールを私たちに見せてくれながら、
いろいろな話をしてくれました。
ハイダ族の歴史、伝統文化、言語・・・。

島のスカングアイは、19世紀終わり頃にヨーロッパ人が持ち込んだ
天然痘の流行により、当時暮らしていた6千人の7割が死に、
生き残った人々は村を捨て別の場所に移り住みました。
20世紀になると、列強各国の博物館が世界中の歴史的な美術品の
収集に乗り出す時代が始まります。
そして、スカングアイの多くのトーテムポールも異国の地に
むりやり運ばれていきます。
中に収められていた先祖達の遺骨と共に。

「ニンスティンという場所を訪れた時に出合った
 ウオッチャーの話は忘れられない。
 彼はなぜ白人たちが他民族の神聖な場所を発掘し、
 さまざまなものを持ち去ってゆくことができるのか
 わからないと言った。

 多くのトーテムポールが持ち去られた後、
 生き残ったハイダ族の子孫は次第に立ち上がってゆくのである。
 彼らはその神聖な場所を朽ち果ててゆくままにさせておきたいとし、
 人類史にとって貴重なトーテムポールを何とか保存してゆこうとする
 外部からの圧力さえかたくなに拒否していったのだ。

 『その土地に深く関わった霊的なものを、
  彼らは無意味な場所にまで持ち去ってまでして
  なぜ保存しようとするのか。
  私たちは、いつの日かトーテムポールが朽ち果て、
  そこに森が押し寄せてきて、
  すべてのものが自然の中に消えてしまっていいと思っているのだ。
  そしてそこはいつまでも聖なる場所になるのだ。
  なぜそのことがわからないのか』

 その話を聞きながら、目に見えるものに価値を置く社会と、
 見えないものに価値をおくことができる社会の違いを
 ぼくは思った。
 そしてたまらなく後者の思想に魅かれるのだった。
 夜の闇の中で、姿の見えぬ生命の気配が、
 より根源的であるように。」
                   (星野道夫氏の言葉より) 

デイビッドお爺さんは、ハイダ族の長老の方達が集まる場所に
今日会ったばかりの私たち夫婦を連れていってくれました。

そこでは、数人の長老達が思い思いに座って話をしながら、
ベイマツの樹皮で部族の伝統的な帽子を編んでいて、
私たちが入ると皆さんが温かな言葉をかけて歓迎してくれたのです。

ハイダのお年寄り達はかつて子供の頃、政府により強制的に寄宿舎に
入れられて英語での教育を受けさせられました。
ハイダの言葉を使うと鞭で体を叩かれ、家族が恋しい、早く家に
帰りたいと毎晩泣いていたのだそうです。
自分達の伝統文化を否定された時代に生きてきた人々の深い悲しみ。

しかし今では、ハイダ族や多くの先住民族の長老達が、
残された生命の時間を捧げて、自分達の伝統文化を、言語を
次の世代に残そうとしています。

民族の歴史と長い時間の中でそれぞれを生きたさまざまな人々の
自分の血が流れる故郷への熱い思い。
これこそ遺すべき世界遺産なのではないか。
番組を見ながら、旅の懐かしさと共にそんなことを思いました。


お越しいただき、ありがとうございます。共感したら、Click me! 

土曜日, 11月 08, 2008

「命の尊さを知り、生命を大切に守るのが天の命であり人の道」-☆森のクマさん☆


11月2日に息子の七五三のお祝いを
行いました。
息子、私と妻、両祖父母が集い、
氏神様である北星神社にて、
いつも見守って下さっている
御祭神の天御中主大神様からの
お祓いと祝詞奏上をいただきました。

息子の成長に深く感謝し、
これからも末永く健康であるようにと祈願することができ、
心爽やかなとても気持ちのよい一日でした。

現代は医療技術の向上のおかげで、
昔と違い乳児の生存率がとても高くなっていますが、
昔は3歳まで子どもが生き延びるということは
とても大変だったそう。
5歳、7歳までとなるとさらに率が低かったそうで、
7歳まで子どもは人間ではなく、
神様からの預かりものという認識を
持っていたのだそうです。

「すべての命あるものには、
 産んでくれた親があります。

 すべての生き物と自分自身は個体としては
 別のものですが、
 すべては自分自身に通じているのです。

 すべての命ある生き物は
 自分の子や自分自身と同じで、
 宇宙には区別や差別は存在しません。

 ですから個体は別であったとしても、
 人は命あるものに対して
 慈悲の心が生じるものです。

 命の尊さを知り、生命を大切に守るのが
 天の命であり人の道なのです。」
         (池口恵観氏の言葉より)

健やかに大らかに育っている息子の現在あることに
深く感謝し、これからもたくましく成長していき、
今後自己の自主性・自立性を練磨して自由を確立していき、
発達する自己を通じて世のため人のために尽くす
心豊かな人物になってほしいと願っています。


お越しいただき、ありがとうございます。共感したら、Click me! 

フォロワー

amazon