日曜日, 12月 28, 2008

「私の存在も、隣の人の存在も、皆有り難いこと」-村上和雄


「ぎっくり腰」になりました。
ドイツでは別名「魔女の蹴り」と呼ばれ、
かかったことがある方は皆さんの中に
いらっしゃるのではないでしょうか。

25日朝のこと、数日前から続いていた
腰痛が突然ひどくなり立っているのが困難な程強烈な痛みに。
トイレに行くのに四つん這いでやっと(苦笑)

夕方、妻が予約してくれた鍼灸整骨院に初めて行くため
床から起きて立ち上がる時の痛さは本当にきついものでした。
杖をつきながらようやく歩く自分に、
足腰の弱い方やお年寄りの方達が苦労して歩く大変さを
身に沁みて感じました。
世の中には身体が不自由な方が多くいることを思い、
ふだん当たり前のように動けているという健康が、
実は当たり前では決してなく、
どれだけ有り難いことかとつくづく感じられました。

藁にもすがる思いの中、
中国出身の林(リン)先生の治療を受けました。
一昨日の晩は身体を少し動かすだけで激痛になり
ほとんど眠れなかったのが、
先生の安心を与えてくれる丁寧な施療により痛みが
少しづつとれて、何と有り難いことかと感謝の思いです。
また家族からの愛もあらためて感じ、
こちらにも本当に感謝しています。

22日伊勢神宮に初参拝してきたのですが、
その帰路に感じた腰痛からつながっている今回のぎっくり腰。
きっと意味あることと、神様からの示唆を思います。
尊敬する村上和雄先生は、有り難いという言葉について
こう語られています。

「『ありがとう』という言葉は、英語のサンキューとは異なる
 ニュアンスがあります。
 この言葉の背景に大自然とか宇宙というものがあるからでは
 ないかと思うのです。
 人間は自然の力だけで生きているのではなくて、
 大自然のお陰で生かされているという感覚です。
 『お陰様』『ありがとう』という言葉には、大自然に対する感謝が
 入っているはずです。
 
 『ありがとう』というのは『有り難い』ということです。
 人間の存在というのは、その細胞一個ができるのだって
 一億円の宝くじを百万回連続で当てるよりも、
 はるかに不思議なことが起こっている。
 そうすると、まずここに存在すること自体が『有り難い』わけです。
 この世に生まれてきて存在しているということが
 滅多にない大事件なんです。

 だから私の存在も有り難いのだけれど、
 隣の人もまた有り難い存在なのですよね。
 その滅多にない有り難い私が、
 滅多にない有り難いあなたに感謝する-
 そういう感覚が日本人の精神にはあると思います。

 そして、存在そのものが有り難いと思えるのは、
 その背後にサムシング・グレートを感じる感性があるからでしょう。
 これは全世界に通用する考え方だと私は思うのです。
 サムシング・グレートは、国も民族も超えるわけですからね。

 だから、日本人が築いてきた『お陰様』や『有り難い』という
 文化は間違いなく世界に発信できる。
 環境問題も民族問題も、すべてそれによって解決していけると
 思うのです。
 そういう文化を持っていることを、まず私たち日本人が自覚して、
 それを積極的に世界に向けて発信していくことが
 とても大切だと思っています。 

 言っているだけでなくて、行動で示さないと意味がない。
 そのためにどういう行動をとれるのか。
 それは単に経済力だけではない、もちろん軍備だけではない
 はずです。

 日本人が持っていた文化の力とかメンタリティ、あるいは
 スピリチュアルなものをどうやって世界に出していくか、
 それが私たちに課せられた大きな問題じゃないかと思います。
 
 これは他人事ではなくて、一人ひとりの日本人が
 自分の生き方を問い直すことと言っていい。
 それぞれの人が『自分はどういう生き方をするのか』と
 自問自答して、一人ひとりが答えを出して、自覚して行動する。
 そういう問題なのです。 
 国の方針をどうするのかというのももちろん大切ですけれど、
 最終的には個々人がどう自覚して行動するかに
 かかっているのです。」

自分だけの力で生きている人はどこにもいない。
太陽も、水も、空気も、地球も、何もなければ生きていけない。
そして、その太陽や地球の後ろで働いているサムシング・グレートの
力がなければ、生きていけない。
だから、生きていることはどんなにすばらしくすごいことか。

村上先生のおっしゃるこの言葉に学び、
生命の有り難さに深く感謝しながら生きていくようにと
思うばかりです。 


お越しいただき、ありがとうございます。共感したら、Click me! 

0 件のコメント:

フォロワー

amazon