火曜日, 1月 20, 2009

「自分自身よりも大きな理想を追いかけたときに初めて、本当の可能性に気づく」-バラク・オバマ


20日は、米国の新大統領であるバラク・オバマ氏の就任日。
世界中の人々が高い関心を持っていることでしょう。
「キング牧師記念日」である1月19日、氏は地域社会での
奉仕活動に加わるよう国民に呼び掛け、
自らはワシントンのホームレス支援施設でボランティアの人々と共に壁の塗装を行ったそうです。

約1年前の昨年2月10日、アブラハム・リンカーンに縁の
深いイリノイ州で大統領選の出馬宣言を行ったオバマ氏は、
集まった群衆にこう語りかけました。
『あなたがたは、この国の未来を信じるからここへ来たのです。
 私たちは一つの国民になり、可能性を切り開き、
 もっと完璧な連帯を築くことができると信じているはずです』

そして、新世代が奉仕への呼びかけに応えるときがきたと
訴えたのです。
『この選挙運動は、市民であることの意味を定義し直すもので
 なければなりません。
 力を合わせて何かを成し遂げるものでなければならないのです』



私はこの演説の言葉を聞いてから、旧世代の政治家とはあきらかに
異なる強いリーダーシップに期待を持ち、彼の言う「変革」
未来への望みを持ちたいと想い、大統領に就くことを願ってきました。

オバマ氏は、彼が受け継いだユニークなアイデンティティ-・・・
実父はケニア出身、実母はカンザス出身、幼ない頃に実父と別れ、
ハワイで少年時代を過ごし、6歳から10歳までは義父の住む
インドネシアで過ごし、大人になってからはシカゴで過ごすという
実に複雑で多様な社会の経験をしています。

シカゴでは、大学卒業後にコミュニテイ・オーガナイザーの職に
就きます。
『その仕事は、私の人間としての成長に役立った。
 牧師や専門家でない普通の人々と仕事をした経験を通して
 私は社会奉仕活動のリーダーになる決意を深めた・・・
 私の人種的アイデンティティ-が強まったし、
 普通の人にも普通以上のことができる能力があると
 信じる気持ちも確固たるものになった』

氏はここで一所懸命に活動を行い、最初は関心を持たなかった
地域の人々から次第に高い信頼を得ていきます。
一緒に働いたことのある人たちは、
オバマ氏は献身的で、勤勉で、知的で、人の心を動かし、
聞き上手であったと語っています。

そしてここでの経験が政治家としての考え方を形成したのです。
この仕事から得られた多くのテーマ-
『さまざまな意見の共通の土台を見出す努力、普通の市民を信じる
 気持ち、問題を検証して勝ち目のある立場に持ち込みたいと願う
 気持ち』
-は大統領選で多くの国民から共感を得られました。

07年5月、サウスニューハンプシャー大学の卒業式の講演で
オバマ氏は奉仕への呼びかけを行っています。

『この国では、連邦政府の赤字について多くの議論がなされています。
 しかし、私たちがすべき議論は、思いやりの赤字についてでは
 ないでしょうか。
 すなわち相手の立場になって考える能力や、自分達とは違う人々-
 飢えた子ども達、解雇された労働者、あなたの寮の部屋を掃除して
 くれる移民女性 の目を通して世界を見る能力の欠如についてです。

 歳を重ねると、この思いやりという資質を養うことは、
 容易になるどころか難しくなります。
 現実の世界では、コミュニティへの奉仕は義務づけられている
 わけではありません。
 他人を思いやることは、強制されはしないのです。
 自分とまったく同質な人々が集まる地区に住み、
 皆と同じ学校に子どもを通わせ、自分達の小さな輪の中で起きる
 出来事のみに関心を示して生きる、それもその人の自由ですから。

 しかし、関心の間口を狭めずに広げるよう心がけてください。
 それは、自分よりも恵まれない人々に対して義務があるからでは
 ありません。たしかにその義務はありますが。
 いまの自分に到達する過程で力を貸してくれた人々全員に恩が
 あるからでがありません。たしかに恩はありますが。

 それは自分自身に対する義務だからです。
 また、私たち一人ひとりの救済が、全員の救済にかかっているから
 なのです。
 自分自身よりも大きな理想を追いかけたときに初めて、
 自分の本当の可能性に気づき、
 そして成熟した人間になれるからなのです。』

あと3時間後、オバマ氏はどのような就任演説を言うでしょうか。
混迷する世界経済、不安定な社会情勢、強く望まれる世界平和への
期待の中、彼は現実の世界に真正面に向き合いながら、
こうあってほしいと思う世界を求め続けることでしょう。

そして私たちもこれから彼と共に持続可能で明るい未来社会を
創造していけるはずです。
彼が言い続けてきた言葉、『 Yes, We can ! 』と共に。


お越しいただき、ありがとうございます。共感したら、Click me! 

0 件のコメント:

フォロワー

amazon