土曜日, 2月 21, 2009

「昼は栄光の恵に浴して歩み 夜はその懐に憩う」-バーナードリーチ、C.W.ニコル


縁(えにし)とは、深く味のあるものですね。
人の縁、土地の縁などまるで茶の湯の如く。

先日、息子が入ったばかりのビーバースカウトの活動で、
我孫子駅から手賀沼の辺りまで名所を訪れながら歩く
ハイキングに参加しました。

そこで思わぬ収穫だったのが、我孫子はかつて昭和初期『民藝運動』
を始めた柳宗悦氏が住居し彼を慕い、志賀直哉、バーナードリーチ、
濱田庄司、棟方志功、河井寛次郎という『白樺派』と呼ばれた
一流の芸術人達が集まった土地だったことを知ったことです。

バーナードリーチ氏。
彼は、六代乾山に師事し、東西の伝統を融合し、独自の美の世界を
創造した英国人陶芸家であり、本国でも高い評価を得ています。
私が彼の名前を知ったのは今から10年ほど前のこと。
我が師C.W.ニコル氏を黒姫に訪ねたときのことでした。

いつも執筆に使っている書斎に特別に入れてもらうことができ、
そこで目にした数々の原稿と数冊の本。
私は氏の本はたいてい所有していましたが、その中に未だ
目にしたことのない題が。

『バーナード・リーチの日時計』
来日して間もない頃に知り合った仲省吾さんという老人との交友に
ついて語っている随筆。
この本を元にNHKが1983年、ドラマ「日時計」を放送しています。

 ”英国の若者と日本の一老人の心の交流を1枚のタイルの陶板で
  作られた日時計をなかだちに描く異色のドラマ。
  作者C・W・ニコル氏は長野県在住のイギリス人。
 
  1964年、日本に留学していた24歳の若者ウィリアムは、ある日、
  武蔵野の林の中で日本人の仲さんに英語で話しかけられる。
  ウィリアムは、自分の祖父に対するような親しみを覚える。
  仲さんは老人ホームの庭に日時計を作っていた。
  そこにはめこまれた陶板は、英国の陶匠・バーナード・リーチの
  ものだった。

  秋、仲さんは病いに倒れる。
  仲さんの脳裡を去来するのは、リーチと共に過したロンドンの
  日々である。
  ウィリアムを昔の仲間と思いこむようになった老人をなぐさめる
  ために、彼は仲さんの思い出の中の人物の役をつとめるように
  なる。
  64年冬に老人は衰弱しうわごとのようにリーチについて
  語るのだが、ある日ニコルは新聞でリーチ来日の記事を読み、
  連絡を取ってリーチを老人に引き合わせる・・・。”

その後、1969年仲氏が亡くなった後にニコルさんは氏が生前を
過ごしていた老人ホームを訪ねます。
庭にあった日時計は、既に取り外されていましたが、真鍮の台座は
残されており藪や誇りに覆われていた碑板には、
一人の人の人生の宣言がこう書かれていました。

『昼は栄光の恵に浴して歩み
 夜はその懐に憩う』

ニコルさんはその時のことをこう語っています。
『私はその時初めて、老人が書き残したこの詩の真のこころを
 感じた。
 長い年月の間人の目から隠され、今再び自分が掘り出した、
 その日時計と碑板の前に立っていると、
 何だか老人の霊が私の傍らに立って、微笑んでいるような気が
 するのであった。』


若かりしバーナード・リーチ氏が火災のために自分の家と窯とを
焼かれて困窮していた時に、彼を助けて立ち直らせたのが
仲省吾氏でした。

再びニコルさんの言葉から。
『この二人の人物の間には疑いもなく深い友情があった。
 二人はそういう友情がもっとも大切な人生の時期に助け合い、
 啓発し合った。
 そしてやがて時と戦争と身辺の事情とが二人を引き離して
 しまった。
 しかしどんな邂逅にも、どんな友情にも断ち切ることのできない
 何ものかが常にひそんでいる。
 
 当時、私はまだ24歳の若者で、やっと自分自身の人生に踏み出し、
 冒険や困難や悲劇にまだこれから遭遇することになる時のことで
 あった。
 その私にとって、仲省吾氏は人生の黄昏にいる、やさしい明治人の
 老紳士に過ぎなかった。
 私たちの出逢いはまったくの偶然の賜物であった。
 そうとしか私には思えない。
 大切なのは、私たち二人がお互いにとって役立つ時を持ったことで
 ある。』


ニコルさんの旧い記憶にある懐かしい物語のことを、
私は我孫子の土地を歩きながら思い出していました。
それにしても、『昼は栄光の恵に浴して歩み 夜はその懐に憩う』
という言葉の何と奥深いことと思うばかりです。


お越しいただき、ありがとうございます。共感したら、Click me! 

0 件のコメント:

フォロワー

amazon