月曜日, 3月 16, 2009

「混沌とした時代の中で」-星野道夫


夜、星野道夫さんの本を開く。

地球環境問題という正解のない
問いに対し、日々取り組み
前に進み続けようとする中で、
誰かの言葉に後押しされたい時、
この方向でいいんだよと
言ってほしい時、 彼の言葉はいつも
私の心を落ち着かせてくれます。

『混沌とした時代の中で、
 人間が抱えるさまざまな問題をつきつめてゆくと、
 私たちはある無力感におそわれる。
 それは正しいひとつの答えがみつからないからである。

 が、こうも思うのだ。
 正しい答えなど初めから存在しないのだと・・・
 そう考えると少しホッとする。

 正しい答えを出さなくてもよいというのは、
 なぜかホッとするものだ。

 しかし正しい答えは見つからなくても、
 その時代、時代で、
 より良い方向を模索してゆく責任はあるのだ。』
                  星野道夫 

そう、私たちには現在において
より良い方向を模索してゆく責任があるのですね。


お越しいただき、ありがとうございます。共感したら、Click me! 

0 件のコメント:

フォロワー

amazon