月曜日, 3月 30, 2009

「生涯に大きな宝ものを授けること」-服部祥子


大相撲春場所の千秋楽、白鵬が全勝で
10回目の優勝に花を添えました。
「心技体」の充実が感じられた今場所
で、これからの相撲道の精進にますます
期待がかかります。

先場所1月の優勝決定戦で、
白鵬が朝青龍に敗れた際、 6歳を
迎えた息子は大粒の悔し涙を
流していました。
2月に観戦した大相撲トーナメントで白鵬が優勝した時、
花道の上から声援を送ることができたと思い出しては
うれしそうに語る息子。

毎日帰宅連絡で電話をかけると、開口一番その日の
取組み結果を話す息子は、白鵬の優勝を心から喜んでおり、
こちらも嬉しい気持ちでいっぱいになりました。


 『 六つになった       
              A・A・ミルン

   一つのときは、
   なにもかもはじめてだった。

   二つのときは、
   ぼくは まるっきり しんまいだった。

   三つのとき、
   ぼくは やっと ぼくになった。  

   四つのとき、
   ぼくは おおきくなりたかった。

   五つのときには、
   なにからなにまで おもしろかった。

   今は六つで、
   ぼくは ありったけ おりこうです。

   だから、いつまでも 六つでいたいと
   ぼくは思います。  』

服部祥子さんは、この詩を紹介し、こう語っています。

『六つの子どもは人間の一員としての知性や情感や意志力の
基礎を相当堅固なものにしてきた。
 自分が「ありったけおりこう」だから
 「六つのままでいたい」という六歳児。
 彼は自分の存在や自分の持つ力に信頼を寄せ、明るく積極的に
 自己肯定をしているのである。

 自他への愛と信頼を積極的に育てるためには、
 豊かな世界に子どもを置いてやることが必要である。
 子どもを囲む人や物-
 洗濯をし、夕餉のごちそうを並べ、やさしい言葉でものをいう母、
 大きくて力強い父、親しい人々、家具や家庭で使っているもの、
 話される言葉、まわりに見える山や河、木々や花々、
 影や日の光等々-
 
 子どもをとりまく世界が豊かであればあるほど、
 子どもはその瑞々しい眼や耳や身体で見たり、聞いたり、
 感じ取るものが多い。

 A・A・ミルンの詩のように、子どもは年ごとに精神発達の
 階段を一歩ずつ昇っていくが、同時に人間関係をも深めていく。
 もちろん愛や信頼関係を確立するまでにはこれから先長い
 歳月が必要である。
 しかし幼き日に、自分及び他者への愛と信頼を積極的に
 育てようと親が努めることは、その子の生涯に大きな宝ものを
 授けることになると私は信じている。』

 
3年間楽しく通った幼稚園を無事卒園し、
今春4月から新1年生となる息子。
新しい環境の中で、良き出会いとそれによって培われる
人間に対する「基本的信頼感」を得るようにと願っています。

理屈でも何でもない、我が子を可愛いと思うこと。
我が子に触れて素直に喜び、自然の生命が満ち溢れるように
愛おしく感ずること。
妻と共にいつも息子への愛を感じ、人生の意義を学べています。


お越しいただき、ありがとうございます。共感したら、Click me! 

0 件のコメント:

フォロワー

amazon