水曜日, 4月 29, 2009

「最もよくひとを幸せにするひとが最もよく幸福になる」-立石一真


GWに入りました。
私は1日だけお休みをもらって
後は暦通りですが、
世間では16連休という
長い休みにした企業もあり、
景気の悪化の中で少しでも
コストを下げたいということで、社員の方からすると
「たくさんの休みはあっても収入がその分下がるのでは・・」
という方もいることでしょう。

米国発の国際的金融危機(ある人に言わせると金融腐敗だそう)が
世界中の経済をおかしくしてグローバル不況が現在も続いています。

競争社会、弱肉強食、マネー優先、格差拡大、貧困連鎖、などの
活字が連日の新聞メディアに載せられていますが、
人間の際限のない欲の拡大によるマネーゲーム、市場の取り引き、
人間性の入り込む余地のない、損得、リスクが口を開けた社会は、
一日も早く変革していかねばなりませんね。


立石一真氏はATMや自動改札機を独自に開発したことで有名な
オムロンの創業者。

 創業時に極貧の中で妻を亡くし、七人の子どもを育て上げたことで
 有名ですが、30代で母を、40代で父を亡くし、
 親を喜ばせることが最後までできなかったことを
 深く悔いていたそうです。

 そして自分にできることは何かを問い、
 『両親の代わりに他人を喜ばせたい、人の喜ぶ顔を見たい、
  役立つことをして幸せになってもらいたい、
  それでこそ納得できるし、自分も幸せといえるのではないか』
 こう考えました。

 1933年33歳の時、大阪東野田に「立石電機製作所」を創業。
 1940年、東大航空研究所からマイクロスイッチ国産化の依頼があり、
 研究を重ねて、国産初のマイクロスイッチの製品化に成功。
 『世の中Badと決めつけるのはたやすい。
  しかし、Need Improvement(改善の余地あり)でなければ、
  創造の将来はない。
  「まずやってみる」がわれわれが築き上げてきた企業文化なのだ』


 難しいと思うことにできませんと言うのは安易だが、
 それでおしまい。
 しかし、いい加減にしないでどうすればできるかを考え抜いてこそ
 頭は鍛えられ、人間は成長する。
 氏の姿勢は終生、変わりませんでした。

 オートメーション市場の開発に取り組む中で、
 氏は「毅然たる経営方針」を模索します。
 1956年、経済同友会で「経営者の社会的責任とその実践」を
 研究し、『企業は利潤追求のためのみにあるのではない、
  社会に奉仕するために存在するのだ』
と結論します。

 また立石氏は情の人であり、
 「身障者が働ける工場をつくってほしい」という訴えに応えて、
 「オムロン太陽」社を設立。
 後に多くの企業が福祉工場を建設する中での先駆けとなります。

 サリドマイド障害児が学齢期を迎えた頃、近畿圏の
 ライオンズクラブで「サリドマイド児に手を与える運動」を展開。
 義手の開発依頼を受けると徳島大学医学部整形外科と協力して
 研究し、一年後に開発に成功。
 初めて電動義手をつけた障害児が、義手の指先に握ったチョークで
 黒板に字や図形を書いたところを見て、
 技術者として経営者として、このテーマに携わったことに
 誇りと満足を覚えたといいます。

 オムロンの社憲は
 『われわれの働きで、われわれの生活を向上し、よりよい社会を
  つくりましょう』
というもので、
 氏は1959年の創業記念日に従業員へこう話したと言います。
 『われわれの生活とは、小乗的には全社員の生活であり、
  大乗的には全人類なのです』

 立石一真氏の言葉
  『最もよくひとを幸せにするひとが最もよく幸福になる』

人を喜ばせ、人の役に立つ、人を幸せにする、他人のためになり
自分も幸せになる、自他共に栄えるということ。
このすばらしきことは、自然本来の原理であり、社会の仕組みでも
あるのです。
この基本に立ち返るということが、現代社会に大きく求められている
のではないでしょうか。


お越しいただき、ありがとうございます。共感したら、Click me! 

0 件のコメント:

フォロワー

amazon