木曜日, 5月 28, 2009

「地球の生命維持システムの大切さを知る」-ポール・エーリック


5月22日は「国際生物多様性
の日」。
日本ではおそらく多くの方が
知らなかったのではないで
しょうか。
来年2010年は「国際生物
多様性年」ですが、10月
には名古屋で、第10回「生物多様性条約締約国会議」が開催
される予定です。

私たち人間がこの地球という星に住み、生活を送っていられるのは
様々な生き物たちの生命活動によってだということが、あまりにも
あたりまえになっており、その大事なことが意識されていません。

人間社会が作り上げてきた20世紀型の仕組みは、多くの資源を浪費し
大量の生産・消費・廃棄を繰り返しています。
地球のありとあらゆる場所で、穀物や動物、石油、ミネラル、森林、
そして魚介といった資源を消費しているのです。

これを支えてきたのは生態系からの無償のサービス。
しかし、止むことををしらない貪欲な人間社会の活動のために、
破綻し始めています。

私たちは何か新しい体系に転換を図ることが必要です。
それこそが「持続可能な社会」とよばれる地球の生命の循環に
則ったこれからの社会システムです。

「人口爆弾」の著書で知られるポール・エーリック博士は、
こう語っています。

『私たちにとって、またすべての生物学者にとって明らかなことは、
 環境の中で起こっていることが、大勢の人間が地球上に存在して
 いる結果だということです。

 貴重な生息地や農地の上に道路やショッピングモールを人々が
 建設するのを目にすると、大きな感情的衝動にかられます。
 私がこれまでに野外調査をした場所のほとんどが、私の生きてきた
 間に壊されるのを見てきました。

 私たちはつい最近、インドと中国を訪問しましたがショッキングな
 思いをしました。
 先進国の過ちのコピーに走り、超消費文化に向かって狂気のように
 突き進んでいます。
 これはこの国の人々のみならず、他の全ての国々に住む人々に
 とっても悪い前兆です。
 
 私たちは自分達の生涯を現場で、それも主に貧困な国々で過ごし
 ました。盲目的に消費し、破壊し尽くして、その後に訪れる途方も
 ない貧困を見てきました。
 先進国に対抗して破壊を進めようとすることは、発展途上国を破産に
 追いやります。
 
 
 私たちの生存は地球の生命維持システムに頼っているのです。
 生命を宿している惑星は、私たちが知っている限りでは地球だけ
 ですが、このシステムについてはほとんど何も知りません。
 ほとんどの人たちはこの点について無関心ですが、自然の法則に
 無関心であることが、破壊する言い訳にはなりません。

 生命共同体の中にいる生物と、その生息している物理的環境との
 関わりあいが、生態系をつくっています。
 気候は地球規模の生態系の一部で、その中にいる生物によって
 大きな影響を受けます。
 
 たとえば、陸地上の天気は植生によって制御されています。
 植生は地表の温度を変化させるからです。
 大気中の二酸化炭素の量は、生物によって劇的な影響を受けます。
 森林や植物の集落は、陸地と大気の間での水の循環を制御して
 います。
 
 森は水を捕らえて、保持し、そして再循環させます。
 森の中では雨が土の中に染み込み、地下水の補給をし、
 川の流れとして絶え間なく、少しずつ流れています。
 対照的に、ほとんど植物の生えていないような場所では、
 水は地表を流れ、土壌を洗い流しながら洪水を引き起こします。

 自然の生態系は、地球が生物の居住に適するように保つために、
 積極的に働いています。
 私たちがこの生態系を形づくっている生物を絶滅させていくたびに、
 私たちを守ってくれる地球の力を危険にさらしているのです。
 
 私たちの生命維持システムを守れば守るほど、私たちひとりひとり、
 そして私たち全体の生存の可能性も高くなるのです』

私たちが何を食べるか、どこで暮らすか、職場や学校までどうやって
通うかなどのあらゆる選択が、環境に影響を及ぼします。
日本や欧米など最も豊かな国々における資源の消費量は、
最も貧しい国々の平均10倍以上もあるのです。

私たちがどのように自然から恩恵を受けているかを知ることは
生物多様性を保全し持続的に利用していくことへの重要な第一歩と
なります。
私たちを含めてこれからの未来の世代のことを考え、
次の一歩を踏み出していきませんか。


お越しいただき、ありがとうございます。共感したら、Click me! 

0 件のコメント:

フォロワー

amazon