土曜日, 6月 20, 2009

「棺を蔽うて後、はじめて定まる」-隆慶一郎



大河ドラマ「天地人」の人気で、
書店に行くと必ず
「上杉謙信」、「直江兼続」関係の
本がならんでいるのを目にします。

少し前まで「直江兼続」の名前は
一般にはあまり知られておらず、 やはり大河ドラマの効果
というのはとても大きいものだなとあらためて思いますね。

昨年の「篤姫」人気も相当のものでしたが、息子はこれをつづけて
見るようになってから、大河ドラマの面白さを知ったようで、
「天地人」は最初から欠かさず見ています。
さまざまな登場人物のやりとりを見ながら、いろいろな質問をし、
彼なりにこの時代の人々の生き様を学んでいるようです。

そして、「義」に生きるという志を持って生きた謙信や兼続という
人物の器量と誇りが、私たち親子の感情を揺さぶっています。
戦国のドラマに関心を持つ息子を見て、かつて自分も同じ歳の頃に
日本の歴史がひたすら面白く、暇さえあれば百科事典を
開いていたなぁと懐かしく思います。
そのおかげでか、高3の時に受けた全国模試で日本史は5位の点数を
とれたのは、学校の勉強をほとんどせずに試験ではよい思い出のない
私にとって唯一といっていい心地よい思い出です。

さて、6歳の息子が繰り出してくるさまざまな質問に触発され気味の
私は、戦国時代という15世紀後半から始まった日本全国の各地で
群雄が割拠し抗争が繰り広げられた時代に、あらためて興味を
持ち始め、これまで読んだ本を読み返したり新しく購入したりと
しています。

このところずっと惹きつけられている歴史作家が、
隆慶一郎氏。
89年に逝去されてから読んだ作品が多いのですが、どの作品にも
共通して感じているのが、主人公が生涯において発する
強烈なエネルギーを持って美しく生を生き抜いていること。
人生のさまざまな濃淡を知っている作者であるから描ける
主人公の明るく清々しく烈しい生き様。

先日読んだ隆氏の随筆の一編。
『戦国期の終わりから江戸初期にかけてを題材にする仕事が
 ほとんどなので、その頃の史料を読む機会が多いのだが、
 当時の男たちの生命の軽さに驚くことがある。
 些細なことで誠に無造作に死んで行く。

 そのくせ、それなりの感銘を後世に遺すのは、大方の男どもの死が
 己の誇りのためだったからのようだ。
 誇りといっても千差万別で、馬鹿げた見栄の場合も多いのだから、
 死んだ本人は「阿呆らし」の一言で葬り去られても仕方ないのだが、
 死んだ本人はおそらくそんなことは百も承知の上のことであり、
 それでも死んでしまったとなれば、これは「阿呆らし」ですむ
 問題ではなくなるように思われる。

 大体僕は「一人の人間の生命は地球より重い」などという言葉が
 嫌いである。
 この言葉ほど人間の思い上がりを示すものはない。
 まるで地球は人間の持ち物だと言わんばかりではないか。
 冗談ではない。
 地球上には人間以外の動物も植物もいる。
 彼等から見れば、人間は正に天敵以外の何物でもあるまい。
 恐竜のように早く絶滅してほしい種族であろう。 

 少なくともその視野あるいはすまなさを持たぬ人間は、
 僕には破廉恥に見えて仕方がない。
 ましてや人間を人間たらしめている条件であり誇りの念を持たず、
 いたずらな長命を求める人種は醜悪な貪欲の塊のように思える。
 長生きは決して美徳ではない。』

物に溢れ飽食に飽きた現代日本に生きる私たちには、
いささか耳に痛い言葉。
しかし本質をよく突いた言葉。
『棺を蔽うて後、はじめて定まる』という言葉があります。

『志を立て、それに殉じた』という潔い生き方をしてきた
先人たちの誇りが、こちらの生き方に訴えかけてきます。



お越しいただき、ありがとうございます。共感したら、Click me! 

土曜日, 6月 13, 2009

「未来圏から吹く風」-宮澤賢治


『われわれは
 どこから来たのか?  
 われわれは何者か?  
 われわれは
 どこに行くのか?』
                                                     
この有名な言葉は、画家ゴーギャンがタヒチに
長期滞在していたときに描いた作品のタイトル。
人類の生成時からずっと続く命題です。

大好きな宮澤賢治も、この命題に取り組んだ一人でした。
素晴らしい作品の根底を流れる人間の未来像から、
それがうかがえます。

賢治は、行こうと思えば、すうっと自然の世界に行けた人。
彼こそは、空であり、風であり、森であり、野原であり、
一本の木でありました。

そして、未来圏の旅人でもありました。

『吹雪はひどいし
 けふもすさまじい落磐

 ・・・・・どうしてあんなにひつきりなし
 凍った汽笛を鳴らすのか・・・・・

 影や恐ろしいけむりのなかから
 蒼ざめてひとがよろよろあらはれる

 それは未来圏からなげられた
 戦慄すべきおれの影だ』

『諸君はこの颯爽たる
 
 諸君はこの未来圏から吹いてくる

 透明な清潔な風を感じないのか』

どちらの詩も賢治の作品であり、未来圏という言葉を
使っています。
にも関わらず、二つの詩はあまりに対照的です。

私たち人間の未来は、不安に満ちたものなのか、
明るいものなのか。
この二つの像の間を行き来し、彷徨しているのかも
しれません。

そう思いながら、私は愛する息子にはきっとこの
『透明な清潔な風』を感じさせたい。
そう思います。


お越しいただき、ありがとうございます。共感したら、Click me! 

日曜日, 6月 07, 2009

「地球まほろばの尊さを伝える宇宙からの贈りもの」-毛利衛


以前見たNHKの番組「宇宙飛行士
はこうして生まれた~密着・最終
選抜試験」。

とても素敵な内容でした。
子どもの頃から「宇宙に行きたい」
という夢をかなえるため、宇宙飛行士になることを望み、
厳しい選抜試験を受け、最終選考の10人に選ばれた30代の男女
10人の候補者たち。

番組は選考試験の内容を密着取材し、彼らの過酷な試験や
応援する家族とのふれあいを通して何をつかみとったのかを
ルポで見つめたもの。

■NHKスペシャル 宇宙飛行士はこうして生まれた
        ~密着・最終選抜試験~

「2月25日、10年ぶりに2人の日本人宇宙飛行士の候補者が誕生。
 今回、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が実施した選抜試験には
 過去最多の963人の応募があった。
 宇宙飛行士の募集は10年間行われてこなかったため、いったんは
 夢を諦めてそれぞれの人生を歩んでいた人達が「最後のチャンス」
 と、家族や職場を説得し試験に臨んだのだ。
 1月、最終選抜試験まで残った10人も、サラリーマン、技術者、
 パイロットなど、いずれも30代の男女。
 宇宙ステーションを模した施設に閉じこめられて共同生活の様子を
 監視され、2週間にわたる実技試験が行われた。
 その結果、大西卓哉さんと油井亀美也さんが宇宙飛行士として
 選ばれた。」

数年前、日本科学未来館で行った環境シンポジウムにて、館長である
毛利衛さんに講演していただく機会があり、私は事務局であったので
幸運にも舞台の袖でお話を真近に聞くことができました。

毛利さんは、92年と2000年の二度、宇宙飛行士として
あふれるほどの贈り物を受け取ったといいます。

『ますます増えていく人間の数と地球環境との調和を保つのは、
 21世紀に活躍する若い皆さんの役割です。
 若人たちの前途は輝いていると共に、多くの困難も待ち構えて
 います。それに直面するときに、一人一人に必要なものは、
 地球全体と宇宙を視野に入れた透明で強い意志、そして
 生命全体を考えるやさしさだと思います。

 二度目の宇宙飛行でのミッションにおける日本のテーマに
 「地球まほろば」がありました。
 20世紀の最後の時期、日本は経済的にも低迷していて、
 今までの繁栄してきた夢が挫折する感じだったのです。
 それと同時に、今までの高度経済成長が何だったのかということを
 考えさせてくれる、すごくいいチャンスだったような気がするの
 です。
 
 未来ばかり見るのでなくて、やはり過去を見て、今まで日本が
 どうだったのか、地球環境がどうだったのかということを見て、
 はじめて次の21世紀を新しい気持ちで生きていけるのかなという
 思いがずっとありました。
 それにぴたっとくる言葉がないかと探していたところ、
 日本の古来の言葉に「まほろば」があることを思い出しました。
 「まほろば」は、すぐれたいいところということですから、
 誰もが住んでいたいという気持ちになるところだと思うのです。

 私は、地球に帰ってきたときに、湿度とか、空気の匂いとか、
 花が咲いたり、虫がいたりする環境が、やはり人間にとって一番
 いいんだろうなという気持ちになりました。
 もしも地球全体が人工環境になってしまったら大変だという思いが
 ありました。
 
 21世紀は、自然をコントロールして、その人工的な環境に
 近づいていくと思うのです。
 人工環境にするためには、自然を変えていっているわけです。
 しかし、一度自然を変えてしまうと、例えば生物は絶滅すると、
 もうそれが生まれることはないのです。
 新しい化学物質がどんどん生まれてきていますけれども、
 そういうものが地球の生命になじむには、とても千年とか二千年では
 すみません。
  
 人間が生きている間にすべきことは、やはり何千万年、何億年という
 歴史を変えてしまわないことだと自信をもって言えます。
 そういう意味で、もともと「まほろば」と感じているものを大事に
 したいと願っています』

毛利さんが宇宙体験を通して感じた「宇宙からの贈りもの」。
地球に生命が生まれ、40億年かけてその時その時の環境に
適応するように多様化した結果が、現在の地球環境であることの
真の理解。

そして、この自然の適応力と多様性こそは、
人類がこれからも生きていく上で大事にすべきものだと
教えてくれます。


お越しいただき、ありがとうございます。共感したら、Click me! 

フォロワー

amazon