月曜日, 8月 31, 2009

「生成発展する幾億万の水の粒子に思う」-☆森のクマさん☆


台風11号が関東に接近しています
が、それにしても今夏は豪雨や
台風、地震という天災の猛威を
あらためて感じさせられています。
お盆の頃での豪雨は西日本の
各地に多くの被害を出しましたが、
戦後に植樹した木の間伐がされず
に土壌が脆くなっているところへの大雨で土砂流出した事故
であり、人災でもあることを思いました。

温暖化の影響で、世界的に洪水などの水災害の深刻度も増しており、
ヒマラヤ地域では洪水リスクの警告が出ています。
この地域の氷河が解けて巨大化した氷河湖が決壊し、大洪水が起きる
可能性が高まっているのだとか。

一方で、FAO(国連食糧農業機関)によると、現在途上国を中心に
12億人の人々が水の不十分な地域に居住し、近い将来さらに5億人が
水不足に直面する恐れがあります。
水不足と劣悪な衛星状態の結果、世界では毎年180万人の乳幼児が
亡くなっているそうです。

現在より古の時代に孔子は、「水は生成発展する」という根源的な
宇宙観を表していたといいます。
『子 川上に在り。
 曰く、逝く者は斯くの如きか。
 昼夜を舎かず』

小川環樹氏の説によれば、水流に物の本質を感じとり、
そこから学び修養に努めることを、
水流のやむことのないのと同じように絶えず行うようにという
意味だそう。

孔子が観た、川の流れに無限の水の力強いエネルギー。
先日10年ぶりに訪問した屋久島で、清流の流れる様に
龍の如きダイナミックな水のエネルギーを体感してきました。

水が太古より人々にもたらしてきた有り難さと恐ろしさ。
遠い昔からこの地球の大地を幾度も潤してきた水は、
時に大きな恩恵を与え、時に無慈悲に災害を起こしてきました。
そして人は、水から多くのことを学んできてはずです。

孔子は論語の中でこう説いています。
『子曰く、
 仁に里るを美と為す。
 択びて仁に処らずば、いずくんぞ知たるを得ん。
 (人を思いやり、世のため人のために生きられるのは
  美しいことだ。
  そうでなければ、どうして知ある人になれるか)』


地球の生成期から絶え間なく循環し、生成発展を繰り返してきた
幾億万の水の粒子に心から感謝し、
孔子が唱えた「仁(思いやり)」の大事さを思います。


お越しいただき、ありがとうございます。共感したら、Click me! 

0 件のコメント:

フォロワー

amazon